FC2ブログ

プロフィール

笑子(しょうこ)

Author:笑子(しょうこ)
笑子(しょうこ)
笑って毎日を過ごしたいと、気持ちを込めた名前です。
楽しみにと手仕事を始めました。
刺し子、刺繍とも、独学なので分からない事だらけ。
知識がない分、易しいステッチ(運針?)を中心に
デザインを楽しんでいます。


カレンダー(月別)

09 ≪│2020/10│≫ 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


お願い

当ブログ内のすべての [ 画像・内容・デザイン ] を無断で転載される事、無断のリンクは、ご遠慮いただいております。 素人ではありますが、心を込めてデザイン・作品制作の取り組んでおります。 ご理解をお願いいたします。

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

2016年・秋学期 目黒のさんま


ボランティアをしている 
早稲田大学の授業
   日本の良さを知る 「 伝統文化を学ぼう 」
この日は 
  「 江戸の文化 目黒のさんま 」 がありました

講師は   
   としま人材クラブ の 
        石田先生 ・ 小林先生 ・ 柳川先生  
        三味線の 錦乃まい太郎師匠

としま人材クラブの講師の方々は
毎年 色々な切り口で 江戸を紹介して下さっています

20161215  講師  1  目黒のさんま


今回は 落語の 「 目黒のさんま 」を 題材にして
江戸の文化 について学びました

初めに 江戸時代の武家の仕組み や 
お殿様の食 についての講義から

お殿様が 口にできるのは
食材を調理して 毒見が終わり 時間がたったもの
お殿様 ホントに お気の毒です

20161215  講義  1  目黒のさんま


そして 江戸ことば
何気なく耳に入る言葉でも 日本語を学ぶ学生にとっては
聞いた事が無いのでは? と思う言葉もあります

20161215  講義  2  目黒のさんま

20161215  講義  3  目黒のさんま


武士と庶民の生活の違いを 学んだ後
この日の紙芝居は 「 目黒のさんま 」 です

20161215  紙芝居  1  目黒のさんま


紙芝居は 絵も 語りの文も 講師の方の手作りで
元の紙芝居は この位の大きさです
教室は広く 紙芝居は小さい ので 
紙芝居をパワーポイントでアップしたものを使いました

20161215  紙芝居  2  目黒のさんま

20161215  紙芝居  7  目黒のさんま


語り と バックの効果には 三味線

20161215  紙芝居  6  目黒のさんま


目黒のさんま のお話しは ご存じの方が多いかと思い
何枚かの絵を見て頂き 省きます

20161215  紙芝居  3  目黒のさんま

20161215  紙芝居  4  目黒のさんま

20161215  紙芝居  5  目黒のさんま


その後 グループに分かれて 江戸言葉が入った台詞を
二人一組になって練習をします

20161215  学生  5  目黒のさんま

20161215  学生  6  目黒のさんま


グループの代表が 練習の成果を発表
講師の方が審査員
一部ですが 江戸言葉が入った台詞

20161215  台詞  1  目黒のさんま

20161215  学生  7  目黒のさんま


20161215  台詞  2  目黒のさんま

20161215  学生  8  目黒のさんま


20161215  台詞  3  目黒のさんま

20161215  台詞  4  目黒のさんま

20161215  学生  9  目黒のさんま


最後に 江戸言葉をスムーズに出来た学生に審査員賞
皆の前で 再演しました

20161215  学生  10  目黒のさんま


今でも 日常で使われている言葉もありますが
改めて 江戸の町人言葉を見ると 難しいですね
   長屋  忠義  奉公人  小姓  所望

周りでも 江戸っ子は 何人いるでしょうか?
落語やTVの時代劇をみている若者は どの位いるのでしょう

言葉も時代とともに 変わってくるのでしょうが
死語にならない事 を 願うばかりです


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sashikoshishu.blog.fc2.com/tb.php/963-43abf647

 | ホーム |  page top