fc2ブログ

プロフィール

笑子(しょうこ)

Author:笑子(しょうこ)
笑子(しょうこ)
笑って毎日を過ごしたいと、気持ちを込めた名前です。
楽しみにと手仕事を始めました。
刺し子、刺繍とも、独学なので分からない事だらけ。
知識がない分、易しいステッチ(運針?)を中心に
デザインを楽しんでいます。


カレンダー(月別)

02 ≪│2024/03│≫ 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


お願い

当ブログ内のすべての [ 画像・内容・デザイン ] を無断で転載される事、無断のリンクは、ご遠慮いただいております。 素人ではありますが、心を込めてデザイン・作品制作の取り組んでおります。 ご理解をお願いいたします。

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

2016年春学期  古代文字


ボランティアをしている 
早稲田大学 の授業
   日本の良さを知る 「 伝統文化を学ぼう 」

4月下旬から 講師の方を迎えた授業が始まり
この日は 
  「 古代文字にはロマンがある 」 がありました

講師は 
  古代文字の書家 水墨画家  
  フリー クリエイティブディレクター
         福島 美生 ・ ふくしま びせい 先生
  雅号 は 「 虎舟 ・ こしゅう 」  です

この日は 午前と午後の授業 2コマは 同じなので
写真は 二つの授業がごちゃ混ぜ となっています

初めに 古代文字についての講義
漢字の成り立ち から 漢字への流れ など

20160509  講義  1  古代文字

20160509  講義  2  古代文字


次は 福島先生の デモンストレーション
床に広げたマット上で 体を使い 
ダイナミックに 描き上げていきます

20160509  講義  3  古代文字

20160509  講義  4  古代文字


今回 学生に お手本とした漢字は 六つの古代文字
 「 申 」 「 福 」 「 笑鬼 」 「 美 」 「 母 」 「 父 」

20160509  講義  5  古代文字


半紙で練習した後に 本番の色紙に書き上げます

20160509  作品  1  古代文字

20160509  作品  2  古代文字


この中から ベスト3を 福島先生が 選びます
皆 素晴らしく 多くの作品の中から 選ぶのが難しいそうです

午前の授業で 福島先生が選んだ ベスト3

20160509  ベスト  1  古代文字


午後の授業では ベスト4 になりましたが
漢字圏では無い3人が ヨーロッパからの留学生が 
( チェコ ・ イギリス ・  フランス ) 選ばれました

20160509  ベスト  2  古代文字


特別賞は 「 父 」
この日が お父さんのお誕生日 と言う学生
写真をメールで 送るそうです

20160509  ベスト  3  古代文字


今回は 午前・午後とも お手本の字にとらわれずに 
好きな字を 自分で勝手に文字を創作してしまう学生が 
多かった様に感じました
そこで 楽しい文字 を紹介したいと思います

これは わかりますね

20160509  作品  7  古代文字

20160509  作品  8  古代文字


下の字は聞くのを忘れましたが 
上の字は 森林  

20160509  作品  3  古代文字


これは 何の字?

20160509  作品  5  古代文字

20160509  作品  4  古代文字


学生の間を回って 福島先生も 楽しそうです

20160509  作品  6  古代文字


これは 「 笑鬼 」 で 漢字の成り立ちは
    鬼 : 鬼の面を被った人の形
    笑 : 巫女が髪を振り乱して エクスタシー状態の象形
上にあるのが お手本ですが 
学生の書いたお面が印象的です

20160509  作品  10  古代文字


横に写していますが 見て 直ぐに分かりますね

20160509  作品  9  古代文字


福島先生の 優しさと 暖かさ
そして 心から 学生と一緒に楽しんでいるのが
伝わって来る授業でした

20160509  ベスト  4  古代文字

20160509  ベスト  5  古代文字


6月23日から 渋谷・Bunkamura ギャラリーで
福島先生の個展 「 こころの華 心象いけ花・墨華展 」 が
2年ぶりに 開かれる予定です

福島先生の 「 ロマン 」  と出会えるのが楽しみです


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sashikoshishu.blog.fc2.com/tb.php/883-2db2894d

 | ホーム |  page top