FC2ブログ

プロフィール

笑子(しょうこ)

Author:笑子(しょうこ)
笑子(しょうこ)
笑って毎日を過ごしたいと、気持ちを込めた名前です。
楽しみにと手仕事を始めました。
刺し子、刺繍とも、独学なので分からない事だらけ。
知識がない分、易しいステッチ(運針?)を中心に
デザインを楽しんでいます。


カレンダー(月別)

09 ≪│2020/10│≫ 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


お願い

当ブログ内のすべての [ 画像・内容・デザイン ] を無断で転載される事、無断のリンクは、ご遠慮いただいております。 素人ではありますが、心を込めてデザイン・作品制作の取り組んでおります。 ご理解をお願いいたします。

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

刺し子刺しゅう 魚クンの散歩


今回の 刺し子刺しゅう は 
「 魚クン 」 をテーマとして 
三枚 作りました 

その2枚が ランチョンマット です

魚クンが ノンビリと 泳いでいます
特別な事は 何もない 穏やかな日を
過ごしていました

20130223 小 左魚


波が 少し出てきたようです

20130223 小 波


どうしたのでしょうか?
魚クンが 慌てて 逆方向に 泳ぎ出しました

20130223  小 右魚

ザッブ と 何かが 近くに きました
見ると 「 網 」 では ないですか

20130223 小 網


布 : 木綿 紺色
       縦・約34cm  横・約45cm

糸 : 刺し子用糸
       白色

模様 : 青海波 ( かわりせいかいは ) 
      菱模様 ( ひしもよう )
          後は ただ チクチク



ランチョンマットの 一枚目

20130223  全 波と魚


青海波の模様が 
もう一回り小さくても 良かった様です

少し 円のカーブが 曲がって いるのは
波が 荒立ち始めた事にして と
勝手に 良い方に 解釈する事 にしました


ランチョンマットの 二枚目

20130223  全 網と魚


「 網 」 は 菱模様で 表しました

チョット 遊び をしました

1枚目と 2枚目に 変化をつけました
魚: 
   向きは 逆向き にして
   表情も 緊張した様に エラも 一針増やして
   身体は 少し細身にして 

網:
   魚が かかる様に 魚に近い所は 閉じないで

と すみません 
完全に 自己満足 の世界ですね

お付き合い頂き 有難うございました

次は 三枚目 テーブセンター を紹介します



スポンサーサイト



コメント

針目の正確さ

縫い目の長さも測って印を付けて、運針されるんですか?
刺繍はした事ないので、根気のいる手仕事だな~と思っています。
2013-02-23 19:26 | 白いダリア #YG9ONXHE | URL [ 編集 ]

:白いダリアさん

トンデモナイ!!  適当なのですよ。
好い加減な性格なので、そんな事はトテモ出来ません。
小さな物でも、楽しまないと厭きてしまうのです。
大作だと根気がいるので、今のところは避けております。
微妙な線や色遣い、絵を描く方が難しいと思いますよ。
2013-02-24 11:17 | 笑子(しょうこ) #- | URL [ 編集 ]

はじめまして

なごみ と申します
紺の布に白い糸の魚クンを見て グッときました
私は、かすりとか 藍染とか 紺白 だ~い好き人間なので・・
それに、ストーリーもあるなんて 夢があります!

縫い目の長さは 私も 印を付けているのかなと 思いました
とても キレイです
また おじゃまさせてくださいね 

2013-02-25 11:30 | なごみ #- | URL [ 編集 ]

なごみさん

はじめまして、コメント有難うございます。
紺と白は、とても素敵ですね。
でも針目の不揃いや、曲がりも、ハッキリとわかってしまう難点?
があるので、今まで躊躇していたのです。
今回は、思い切って開き直りました。
模様は下図から生地に書き写していますが、刺し始めてからも
変更したりと好い加減なのです。
これからも、宜しくお願いします。
2013-02-25 14:19 | 笑子(しょうこ) #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sashikoshishu.blog.fc2.com/tb.php/288-cebf4ebe

 | ホーム |  page top