fc2ブログ

プロフィール

笑子(しょうこ)

Author:笑子(しょうこ)
笑子(しょうこ)
笑って毎日を過ごしたいと、気持ちを込めた名前です。
楽しみにと手仕事を始めました。
刺し子、刺繍とも、独学なので分からない事だらけ。
知識がない分、易しいステッチ(運針?)を中心に
デザインを楽しんでいます。


カレンダー(月別)

03 ≪│2024/04│≫ 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


お願い

当ブログ内のすべての [ 画像・内容・デザイン ] を無断で転載される事、無断のリンクは、ご遠慮いただいております。 素人ではありますが、心を込めてデザイン・作品制作の取り組んでおります。 ご理解をお願いいたします。

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

音無親水公園 と 王子神社


長くなりますが 北区・王子近辺が続きます 
もう一回 お付き合い頂ける と嬉しいです

飛鳥山から 王子駅を通り 王子神社へ行ってみました

飛鳥山から 明治通りを挟んで 反対側にあるので
音無親水公園・おとなししんすいこうえん を 通ります

20240208 音無親水公園 1


音無親水公園  飛鳥山博物館HPから 抜粋省略
   王子付近を流れる石神井川は、「音無川」と呼ばれる景勝地で、
   江戸時代の浮世絵にも数多く描かれています。
   現在は、戦後の護岸工事で、自然の川を模した音無親水公園と
   して生まれかわり、桜の名所、水遊びのできる公園として
   にぎわっています。
   日本の都市公園百選にも選定されています。

明治通りから 川の方へ降りて行くと 水車がみえます

20240208 音無親水公園 2

20240208 音無親水公園 3


舟串橋という木の橋が 掛けられています  
右上に見えるのは 王子神社の入り口になりますが
川を散策してから 行く事にします

20240208 音無親水公園 4


舟串橋の所から奥をみると 橋のアーチがみえます
こちらは 近代的な橋で 音無橋です

20240208 音無親水公園 5

20240208 音無親水公園 6


音無橋の下から 川の方へ降りてみると
川の中には 石や木が ゴロゴロしています

20240208 音無親水公園 7


この大きな木 何だか 怪獣に見えませんか?

20240208 音無親水公園 8


川岸の反対側へ渡り 舟串橋まで 戻ってきました
夏だったら 水辺で遊ぶのは 楽しいでしょうね

20240208 音無親水公園 9


王子神社へ 向かいます
川を見下ろすと 音無橋のアーチが 向こうにみえます

20240208 音無親水公園 11


王子神社へは この階段を上ります

20240208 王子神社 1

20240208 王子神社 2

20240208 王子神社 21


遠くから 本殿を写した写真の数枚が 撮れていませんでした
   何故か分からないけれど・・・

本殿

20240208 王子神社 3

20240208 王子神社 4


狛犬さん
迫力のあるお顔ですが
両親で 子育てする狛犬さん の様です

左側: 足元には 子供達がいて お母さん?

20240208 王子神社 8


右側: こちらは 毬を持って 子供をあやすお父さん?

20240208 王子神社 7


先の方に 石の鳥居がみえます
左側には 手水

20240208 王子神社 9


道を挟んでお向かいにあるのは お神輿
硝子で囲まれていて 綺麗に良く見る事ができますが
写す人や景色が 写り込んでしまいます

20240208 王子神社 11

20240208 王子神社 12


鳥居の所まできました
大きな鳥居を潜り 正面から 写します 
王子神社HPから 抜粋省略
   高さ28尺6寸(約8.6m)の大きさは、石造りの鳥居としては
   都内有数のもので、茨城県稲田産の御影石を使っています。
   戦災で焼失した神門の場所に立てられ、境内神域を
   お守りしています

20240208 王子神社 13


こちらが 表・正面 なのですね

20240208 王子神社 14


大きな鳥居から 本殿の横を通り 王寺駅の方へ戻る途中に
小さな御社がありました
これは 末社・関神社で
戦災で焼失したのを 1959年・昭和34年に再建

20240208 王子神社 15


左側に 毛塚 と刻まれた塔が あります
写真の下 石の柵に かつら店 の名前が刻まれています

20240208 王子神社 16


先の細い道を行くと 大きな木が 向こうに見えます

20240208 王子神社 17


王子神社のイチョウで 東京都指定天然記念物
戦災でも奇跡的に残り 樹齢は600年とも伝えられ 
王子神社の創建当時からあると 考えられているそうです

20240208 王子神社 18


傍に 碑が建っています
    暮際もなく 夜にうつる さくらかな
              八十三翁 大谷暁山
元王子町長大谷氏が 1930年・昭和5年に 
往年の飛鳥山の桜花の情景を詠んだ いう句碑

20240208 王子神社 20


初めて訪れた王子神社ですが 
珍しい物や 綺麗な物 美しい景色などを
楽しく巡る事ができました

王子と言えば 民話の「王子の狐」が 知られています
「王子」という名前の神社なので 「王子稲荷」と混同していました

王子稲荷は 次回の楽しみ にしたいと思います

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sashikoshishu.blog.fc2.com/tb.php/1449-2cf066cc

 | ホーム |  page top