fc2ブログ

プロフィール

笑子(しょうこ)

Author:笑子(しょうこ)
笑子(しょうこ)
笑って毎日を過ごしたいと、気持ちを込めた名前です。
楽しみにと手仕事を始めました。
刺し子、刺繍とも、独学なので分からない事だらけ。
知識がない分、易しいステッチ(運針?)を中心に
デザインを楽しんでいます。


カレンダー(月別)

03 ≪│2024/04│≫ 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


お願い

当ブログ内のすべての [ 画像・内容・デザイン ] を無断で転載される事、無断のリンクは、ご遠慮いただいております。 素人ではありますが、心を込めてデザイン・作品制作の取り組んでおります。 ご理解をお願いいたします。

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

八王子 獨福庵


4月下旬 お誘い頂き 八王子に行きました

東京の郊外へは 何か機会がないと 
ナカナカ足を延ばす事が無く 初めて八王子に降り立ちました

駅から徒歩15分位で 今日訪れる 獨樂庵に着きました

20230713 福獨庵 1 八王子


ここは「美さき苑」という懐石料理の料亭で 
千利休ゆかりの茶室『獨楽庵』がある事で 知られていたそうです
今は 料亭は閉店し 茶室・獨樂庵を 維持し活用するための
一つとして お茶席を 設けています

初めに サロンで お弁当を頂きました

20230713 福獨庵 2 八王子

20230713 福獨庵 3 八王子


お菓子を頂いた後 サロンから お茶室へ移動

20230713 福獨庵 4 八王子


紅葉・もみじ 石には苔 石灯籠 の間を 丸い石を渡り  
お茶室へ向かいます

20230713 お茶室 1 八王子


躙り口から 斜めですが 外の景色

20230713 お茶室 2 八王子


中へ入ると 躙り口正面に 床の間

20230713 お茶室 3 八王子


このお茶席では 濃茶を頂きました

20230713 お茶室 5 八王子


このお茶室には 歴史があります
京都・大阪・江戸・北鎌倉、そして八王子へと 移転されます
長くなりますが 詳しく :ネットでの情報 調べました

 :千利休が天正年間(1580年代) 宇治田原に建てた茶室
   利休没後は 尾形光琳と親しかった銀座内蔵助が 
   京都の屋敷に移築
   その後浪華の豪商、阿波屋が大阪に移す

 :その後 江戸時代後期の出雲松江藩10代藩主松平不昧公が
   譲り受け 江戸の大崎に移築し愛用
   幕末、品川沖に砲台をつくる為に取り壊される

 :松平家は深川の下屋敷に移築するも、翌年襲った
   伊豆地震による大津波によって茶室は冠水

 :大正十年、松平家からゆかりの品々を譲り受けた
   武藤山治氏が、北鎌倉に獨楽庵を復元再興

 :その後茶室は、芝白金に移り、さら八王子へと移築される

迷ったのですが お茶室の中を写しました

20230713 お茶室 6 八王子

20230713 お茶室 8 八王子


お茶室でお茶を頂いたのは 久し振り
点てていただいた濃茶 美味しく頂きました

外に出て お茶室の軒下から お庭をみます

20230713 お茶室 9 八王子


お庭を横切り サロンに続いた和室に移ります
紅葉が 木々や苔の緑に 映えます  

20230713 お茶室 10 八王子

20230713 お茶室 11 八王子


軒下から お庭をみて

20230713 お茶室 12 八王子


室内

20230713 お茶室 13 八王子


右手前の床の間

20230713 お茶室 14 八王子


薄茶を頂きました

お道具も 焼き物では 信楽・唐津など 素敵な物ばかり 

20230713 お茶室 17 八王子

20230713 お茶室 16 八王子


愛嬌がある カエル君も 歓迎してくれました
また帰って来る様に との事なのでしょうか

20230713 お茶室 15 八王子


静けさの中 外に目を移すと緑が映え
忘れていた 何事にも煩わせられず お茶に向かう
贅沢な豊かな一時を過ごす事ができました

この獨樂庵・ご亭主の方とは 初対面でした
それにも拘らず 暖かなおもてなしをして頂きました
連れて行って頂いた方と お二人に 感謝です

この獨楽庵を 維持・活用しようと 
一般社団法人として 立ち上げました

この獨楽庵を護り 後世へ伝える為だけではなく
若い子供達が お茶や日本文化に親しむ事ができる場所にもと
様々な活動を展開する構想が膨らんでいるそうです

もう少し近くにあれば と 残念に思うばかりです


スポンサーサイト



コメント

素敵ですね。
こころが、しん・・・とするような、静けさが伝わってきました。ありがとうございます。
2023-07-20 00:47 | ネルメル #- | URL [ 編集 ]

ネルメルさんへ

コメントを有難うございます。
煩雑な毎日が、解きほぐれていく空間・場所でした。
時には、このような時間を持つことが大事だと感じました。
これからもよろしくお願いします。
2023-07-20 11:27 | 笑子(しょうこ) #- | URL [ 編集 ]

暑中お見舞い申し上げます

猛暑が続きます。
熱中症に注意しましょう。
2023-07-24 08:28 | 元ちゃん「静かな時間」 #- | URL [ 編集 ]

元ちゃんへ

今年は、歳のせいもあるのかと?思いますが、
本当に暑くて蒸し暑い毎日で、体に堪えます。
メゲズにこの夏を乗り切ります。
元ちゃんのトンボ玉、楽しみに拝見しています。
2023-07-24 12:29 | 笑子(しょうこ) #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sashikoshishu.blog.fc2.com/tb.php/1431-d95997db

 | ホーム |  page top