fc2ブログ

プロフィール

笑子(しょうこ)

Author:笑子(しょうこ)
笑子(しょうこ)
笑って毎日を過ごしたいと、気持ちを込めた名前です。
楽しみにと手仕事を始めました。
刺し子、刺繍とも、独学なので分からない事だらけ。
知識がない分、易しいステッチ(運針?)を中心に
デザインを楽しんでいます。


カレンダー(月別)

03 ≪│2024/04│≫ 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


お願い

当ブログ内のすべての [ 画像・内容・デザイン ] を無断で転載される事、無断のリンクは、ご遠慮いただいております。 素人ではありますが、心を込めてデザイン・作品制作の取り組んでおります。 ご理解をお願いいたします。

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

能・文楽・歌舞伎の共演


津軽稲荷神社の後は 駅の方へ戻り
通り過ぎた すみだトリニティーホールへ 向かいます
入口は 2階あります

20221106 ホール 1 隅田川


入口傍の柱にも この日のポスターが 貼られています

20221106 ホール 2 隅田川


中へ入ります
このホールへ訪れたのは 初めてです

20221106 ホール 3 隅田川


すみだトリニティーホール HPから  簡略しました 
   墨田区における中核的な文化施設、東京東部地域における
   芸術文化活動の拠点として誕生。
   客席数1,801席を有する大ホール、252席の小ホール、
   30名程度のアンサンブルまで利用できる3室の練習室がある

舞台の正面

20221106 ホール 4 隅田川


脇の座席は 斜めになっています

20221106 ホール 5 隅田川


この日は 
日本を代表する伝統芸能 能・義太夫・歌舞伎による 
ホール開館25周年特別企画です

演目は 謡かたり「隅田川」 
ジャンルを超えた 豪華な3人の方々で 演じられました

20221106 パンフ 1 隅田川

20221106 パンフ 2 隅田川


<監修・野村幻雪>
   能   : 大倉源次郎 / 作調
   文楽  : 豊竹咲太夫 ・ 鶴澤燕三 / 作曲
   歌舞伎 : 尾上菊之助 / 振付・藤間勘十郎

普通なら この顔合わせでの舞台は ありません

20221106 パンフ 3 隅田川


題目の隅田川の 内容は 
       ウィキペディアから
  『隅田川』 (すみだがわ) は能楽作品の一つである。観世元雅作。
  一般に狂女物は再会→ハッピーエンドとなる。
  ところがこの曲は春の物狂いの形をとりながら、
  一粒種である梅若丸を人買いにさらわれ、京都から
  武蔵国の隅田川まで流浪し、愛児の死を知った母親の悲嘆を描く。

演目に縁のある 梅若丸終焉の地 隅田川の近くで 
観る事ができました

この日の構成は 一部から 三部

20221106 パンフ 4 隅田川

20221106 パンフ 5 隅田川


とても素敵な舞台を 観る事ができました

余韻を感じながら 客席を立ち 出口に向かうと
このホールで 開催された演目の写真が ありました

20221106 ホール 6 隅田川


ホールと言えば クラシックを思い描きますが
このホールでは 色々なジャンルの催しが 開かれているようです
  ・講談:神田白山 
  ・長唄や箏の発表演奏会
  ・大学の定期演奏会
  ・タレントや歌手の新日本フィルハーモニー交響楽団との共演

最後に
新日本フィルハーモニー交響楽団の指揮者
佐渡裕さんに見送られ 帰りました

20221106 ホール 7 隅田川


3人の方々の 素晴らしい演奏と演技を
見て 聴いて 感じて
悲しい物語なのに 心は豊か になりました


スポンサーサイト



コメント

尾上菊之助

凄いメンバーの催し 素晴らしいものを見られましたね。
時々博多座で 歌舞伎を見ます。能は なかなか 見る機会が
ありません。こういう催しがあれば 私も 見に行きたいです。
2022-11-13 20:19 | 小紋 #- | URL [ 編集 ]

小紋さんへ

コメントを有難うございます。
本当に豪華なメンバーでした。
人間国宝のお二方、浄瑠璃・豊竹咲太夫さん / 小鼓・大倉源次郎さん 
が、作調、作曲に携われて、出演されているのです。
尾上菊之助さんの梅若丸は、母の悲しみと愛を舞とセリフで描いていました。
滅多に見る事が出来ない素晴らしい舞台でした。
2022-11-13 21:03 | 笑子(しょうこ) #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sashikoshishu.blog.fc2.com/tb.php/1400-31e2a39c

 | ホーム |  page top