FC2ブログ

プロフィール

笑子(しょうこ)

Author:笑子(しょうこ)
笑子(しょうこ)
笑って毎日を過ごしたいと、気持ちを込めた名前です。
楽しみにと手仕事を始めました。
刺し子、刺繍とも、独学なので分からない事だらけ。
知識がない分、易しいステッチ(運針?)を中心に
デザインを楽しんでいます。


カレンダー(月別)

09 ≪│2020/10│≫ 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


お願い

当ブログ内のすべての [ 画像・内容・デザイン ] を無断で転載される事、無断のリンクは、ご遠慮いただいております。 素人ではありますが、心を込めてデザイン・作品制作の取り組んでおります。 ご理解をお願いいたします。

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

中村彝アトリエ記念館へ  その3・版画とお地蔵様


「中村彝アトリエ記念館」を出て 教えて頂いた道を行くと
右手のビルに 木版アダチ の 看板が見えました

20200913 アダチ 1   版画と子安地蔵


アダチ版画研究所 の 文字が見えます

20200913 アダチ 2   版画と子安地蔵


アーここだ と思って傍まで行くと 紙が貼ってあります

20200913 アダチ 3   版画と子安地蔵


ショールームの見学は あらら 予約制??
HPで確認して 休みの 土・日・月の休みを避けて来たのに
目に入っていなかったのかしら?

扉の横にある インターホーンで 事前予約していない と伝えます
「今 講義をしていますが 見るだけなら 」と OKを頂きました
良かった!!

地下へ降り ショールームの扉を開けると 
正面に 何枚もの版画が 壁に掛けられています

20200913 アダチ 4   版画と子安地蔵


奥では 版画の講義の最中で とても静かに 彫っています
お邪魔をしないように 斜めからですが 
壁に掛けられている版画を 数枚ですが 写してみました

20200913 アダチ 6   版画と子安地蔵

20200913 アダチ 7   版画と子安地蔵


見た事のある版画ばかりです
復刻する事で 技術を学ぶ事が出来るのでしょうか
絵で言うと 模写なのかしら?

入った所にあった座卓 下には木屑がありました

20200913 アダチ 5   版画と子安地蔵


奥では 何人もの方が 彫刻刀を持ち 
数人の講師の方々が丁寧に 説明しています 

20200913 アダチ 8   版画と子安地蔵


入り口から 右奥には 
北斎の 有名な 神奈川沖浪裏の版画 
摺り順序 と 版画に使う器具などが 展示してあります

20200913 アダチ 9   版画と子安地蔵

20200913 アダチ 10   版画と子安地蔵

20200913 アダチ 11   版画と子安地蔵


この変わったカタチは 鮫皮で 説明書きがあります
硬質の鋭利な突起があって 刷毛の毛先をおろす時に使うとか
その時に 摺師が手を傷つけてしまうこともあるそうです

20200913 アダチ 12   版画と子安地蔵


道具の種類や違いなど 色々訪ねたいことが山ほどあったのですが
講義中で静まり返っている中 遠慮してしまいました

この奥には 現代の作品が 飾られています
とても 素敵です

20200913 アダチ 13   版画と子安地蔵

20200913 アダチ 14   版画と子安地蔵


壁や部屋の柱などに掲げられているのは 浮世絵版画で
有名な版画・復刻版が 近くで見る事が出来ます

20200913 アダチ 15   版画と子安地蔵

20200913 アダチ 16   版画と子安地蔵


アダチ版画研究所は 浮世絵の制作技術を継承した職人を
かかえる唯一の版元で 
世界に誇る日本の木版画の伝統を 今に伝え
江戸時代の浮世絵を技術の基礎とした 新しい木版画の可能性を 
追求し続けているそうです

同じ場所にある
公益財団法人 アダチ伝統木版画 技術保存財団 では
伝統を守るだけではなく 新たな表現の可能性を追求し
魅力ある技術として 存続させたいと 浮世絵版画の復刻事業の他に 
オリジナルの現代の木版画作品の制作に 取り組んでいて
彫師・摺師の技術を育てる研修制度などが あるそうです

頂いたパンフレットに 「 北斎今昔 」 のサイトを
今年の7月3日・波の日 に オープンしたとありました
2020年は 北斎の生誕260年に あたるそうです
北斎のことだけでは無く 浮世絵の事 他の美術館について等
多くの情報が 載っています

講義中の静かな緊張した雰囲気で 色々な事を尋ねるのが憚られ
最後まで 詳しい質問ができず仕舞いでした

次は 目白通りに出た所にある 子安地蔵まで行きます
この道を歩いてきました 手前が 目白通りになります 

20200913 子安地蔵 2   版画と子安地蔵

20200913 子安地蔵 1   版画と子安地蔵


子安地蔵尊の提灯まであるのに 
謂れについて書かれた物は 見当たりませんが
綺麗な花に囲まれ 大事にされているのが分かります

20200913 子安地蔵 3   版画と子安地蔵


子安地蔵は 安産をかなえるといわれる お地蔵様 だそうです
お顔が大人びているのに 納得しました

20200913 子安地蔵 4   版画と子安地蔵


何年も前から 来てみたかった 
新宿・落合にある 二つのアトリエ記念館を 
漸く 訪ねる事ができました

今度は 牡丹の咲く頃 毎年に訪れる 薬王寺の付近にある 
野鳥の森公園を歩いてみたいと 思っていますが
まだまだ 先の事になりそうです

もしかしたら 鬼が笑う時期になるかもしれません


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sashikoshishu.blog.fc2.com/tb.php/1278-07a3a55c

 | ホーム |  page top