FC2ブログ

プロフィール

笑子(しょうこ)

Author:笑子(しょうこ)
笑子(しょうこ)
笑って毎日を過ごしたいと、気持ちを込めた名前です。
楽しみにと手仕事を始めました。
刺し子、刺繍とも、独学なので分からない事だらけ。
知識がない分、易しいステッチ(運針?)を中心に
デザインを楽しんでいます。


カレンダー(月別)

09 ≪│2020/10│≫ 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


お願い

当ブログ内のすべての [ 画像・内容・デザイン ] を無断で転載される事、無断のリンクは、ご遠慮いただいております。 素人ではありますが、心を込めてデザイン・作品制作の取り組んでおります。 ご理解をお願いいたします。

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

雑司ヶ谷・七福神巡り その三


前回の 毘沙門天・清立院へ行った後 弦巻通りを進むと
都営荒川線に 突き当たります
線路を渡ると 大鳥神社があります

線路側では無く 横から入ります

20200802 恵比寿神 1  七福神巡り


<恵比寿 大鳥神社>    
この鳥居は二の鳥居で 奥の正面に本殿が見えます

20200802 恵比寿神 2  七福神巡り


本殿の右側に 恵比寿さま

20200802 恵比寿神 3  七福神巡り

20200802 恵比寿神 4  七福神巡り


<恵比寿神・えびすしん>
   七福神の中でも日本古来唯一の神様で伊弉諾・いざなぎ 
   伊邪那美・いざなみ の御子です。
   鯛と釣り竿を持った姿は「釣りして網みせず」ということで、
   暴利を貪らない清い心をしているといわれ、商売繁盛の神
   として愛されています。
   商売繁盛・芸能上達

横からも 失礼しました
大きな鯛を抱いて 足には 本物の編んだ草鞋を
履いていらっしゃいます

20200802 恵比寿神 5  七福神巡り


恵比寿さまの所から 狛犬の先 右側には本殿があります

20200802 恵比寿神 6  七福神巡り


反対側からも写しました 
奥の狛犬の右の方に 恵比寿さまがいらっしゃいます
右側の狛犬さんの足元に 何か置いてあります

20200802 恵比寿神 7  七福神巡り


後にあるプレートの説明を 要約してみると
  「江戸東京野菜 雑司ヶ谷なす」
   江戸時代、雑司ヶ谷清戸村百姓町があり、江戸への
   野菜供給基地として茄子、大根や青菜などを生産。
   多く栽培された品種の中に、
   雑司ヶ谷茄子(ぞうしがやなす)があります。
 
横には 雑司ヶ谷かぼちゃ の鉢もありました

20200802 恵比寿神 8  七福神巡り


苗のナスの上にも メッセージが書いてあります
   これは 「雑司ヶ谷ナス」です。
   育てたい方は、社務所にお声がけください。
   「雑司ヶ谷ナス」の育て方の資料などをお渡しします

手に取ろうか迷いましたが 止めました
お花のお世話さえも 満足に出来ないのですもの
ナスやカボチャが 可哀そうです

正面の大きな鳥居を潜りましたが
全体の写真を撮り忘れ 狛犬さんだけに なりました

20200802 恵比寿神 9  七福神巡り

20200802 恵比寿神 10  七福神巡り


次は 七福神の最後の お一人になります
今回は 池袋駅の方から 探してみました

<福禄寿 仙行寺>  
前回は 七福神の赤い旗を目印として 探しましたが
吉祥天・清土鬼子母神堂では 
道沿いに旗は無かった事 を思い出しました

地図では 工事が行われている辺りで
この先の 左側のハズなのです

20200802 福禄寿  1  七福神


赤い旗は無いけれど お寺が見つかりました  

20200802 福禄寿  2  七福神


入り口の 左には 浄行菩薩像がありました

ネットで見てみると
<浄行菩薩>
   古来心身の汚れを洗い清める菩薩といわれる浄行菩薩様。
   戦火に遭い乍らも何とか形を留め、崩れた箇所をセメントで
   修復された、通称「水洗い浄行様」です。
その為に 
色が違ったり 表面が滑らかでは無い のですね

20200802 福禄寿  3  七福神


暗い中で 殆どが ボケた写真になってしまいました
奥へ行くと 華の福禄壽さんが いらっしゃいました

20200802 福禄寿  4  七福神

20200802 福禄寿  5  七福神


可愛らしい 福禄壽さんです

20200802 福禄寿  6  七福神


<華の福禄壽・はなのふくろくじゅ>
   中国では古くから福禄壽という三つの星の信仰があります。
   このお寺の福禄壽は仏典より勧請されたものです。
   そしてここの福禄壽はとても可愛らしいお姿をしております。
   見ただけで頬ずりしたくなる「花の福禄聚」様です。
   良縁成就・家庭円満

そのお隣には 白い幕がありますが 
中が暗くて良く見る事ができません

20200802 福禄寿  7  七福神


幕の中へ入ると 大仏様がいらっしゃいました

20200802 福禄寿  8  七福神


後から ネットで調べて 要約したものですが
「池袋大仏」
   「池袋大仏」は木曽檜の木彫で、体内に
   八千四百六十一巻の写経が納経された二丈の釈迦如来座像です。
   
20200802 福禄寿  9  七福神


誰一人いない暗い空間で 大仏様と向き合う時が持てました

やっと 雑司ヶ谷・七福神巡りを する事ができました
何年も前からの 思いが叶いました 大袈裟ですが・・・

七福神の方々にお会いするのも 楽しみなのですが
殆どのお寺さんは 
   歴史があり 
   お庭には 木々が繁り
   境内は ひっそりとした佇まい
で この雰囲気が 日常と異なり 落ち着くのかと思います

長々と七福神巡りに お付き合い頂きありがとうございました

雑司ヶ谷だけでは無く 確か 文京区や他にも ある様です

この時期 遠出が憚れるので 近場を巡る事が
ボチボチとでも 出来たらと思います


スポンサーサイト



コメント

こんばんは。
訪問ありがとうございます。
嬉しかったです。
2020-08-03 20:25 | さゆうさん #- | URL編集 ]

さゆうさんへ

こちらこそ、ご訪問頂き、コメントを
有難うございます。
身の回り、近場の話題ばかりですが、
今後ともよろしくお願いいたします。
2020-08-04 12:25 | 笑子(しょうこ) #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sashikoshishu.blog.fc2.com/tb.php/1270-63bd97f1

 | ホーム |  page top