FC2ブログ

プロフィール

笑子(しょうこ)

Author:笑子(しょうこ)
笑子(しょうこ)
笑って毎日を過ごしたいと、気持ちを込めた名前です。
楽しみにと手仕事を始めました。
刺し子、刺繍とも、独学なので分からない事だらけ。
知識がない分、易しいステッチ(運針?)を中心に
デザインを楽しんでいます。


カレンダー(月別)

09 ≪│2020/10│≫ 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


お願い

当ブログ内のすべての [ 画像・内容・デザイン ] を無断で転載される事、無断のリンクは、ご遠慮いただいております。 素人ではありますが、心を込めてデザイン・作品制作の取り組んでおります。 ご理解をお願いいたします。

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

雑司ヶ谷・七福神巡り その二


前回の 七福神巡り の続きです

今回は 護国寺に近い所にある
<吉祥天(寿老人の代替)清土鬼子母神堂> から 行きました

20200727 0722 吉祥天 1   雑司ヶ谷七福神


不忍通りを 護国寺方面へ 歩きます
奥に見える高速道路の下を右に行くと 直ぐに護国寺ですが
赤い旗が見えない
この辺りのハズだけれど・・・

20200727 吉祥天 2   雑司ヶ谷七福神


左手に細い道があり 突き当りに見えるのは
何となく 雰囲気が お寺さん??

20200727 吉祥天 3   雑司ヶ谷七福神


雑司ヶ谷七福神の赤い旗 がありました

20200727 吉祥天 4   雑司ヶ谷七福神


門を入ると 本堂

20200727 吉祥天 5   雑司ヶ谷七福神


文京区保護樹木の イチョウ ケヤキ エノキ マツなど
何本かあり 木に囲まれている空間です

大きな木と吉祥天の横に 建物?があります 
これは 井戸だそうです

20200727 吉祥天 7   雑司ヶ谷七福神


その前に 清土鬼子母神堂について
   前回 大黒天で紹介した 鬼子母神堂に祀られている
   鬼子母神像が 掘り出された旧跡だとされているそうです
   別名を お穴鬼子母神 と言うそうです

その鬼子母神像を清めた井戸だそうです

後から 清土鬼子母神の別名が お穴鬼子母神 という事を
知りました 
秋のお会式の時に 出発地の一つとして 聞いた事がありました

さて 吉祥天さん 優しいお顔です

20200727 吉祥天 6   雑司ヶ谷七福神


吉祥天・きっしょうてん
   雑司ヶ谷鬼子母神像は清土のこの地から出土され
   「清土鬼子母神」と呼ばれてきます。
   その鬼子母神を母に持つ吉祥天は仏教では毘沙門天の妃
   ともいわれ、福徳安楽を与え、仏法を護持する天女でもあり、
   左絵には如意宝珠をささげもっています。
   招福開運・相好円満

もう お一人? 小さな石仏がありました

20200727 吉祥天 8   雑司ヶ谷七福神

20200727 吉祥天 9   雑司ヶ谷七福神


何も書かれていないので お名前はわかりません
庶民的な お顔も佇まいも 素朴な感じがします

さて 次に 西へ向かいます

地図を見ると 菊池寛の住居跡 があり 寄ってみました
マンションの前に 案内のプレートだけとなっていました

20200727 鶴巻通り 1   雑司ヶ谷七福神

20200727 鶴巻通り 2   雑司ヶ谷七福神


先を行くと 雑司ヶ谷・寛が ありました
小説家として活躍した 三角寛が執筆に励んだ当時を 残したお部屋で 
会席料理の料亭です
残念ながら まだ 頂いた事はありません

20200727 鶴巻通り 3   雑司ヶ谷七福神


先を進むと 弦巻通りへ 入りました

20200727 鶴巻通り 4   雑司ヶ谷七福神


歩いていると 矢印の下にある文字が 目に入ってしまいました
何と さくらせんべい:50円!!
    大手メーカーの商品がキャンセルになり、大量の 
    さくらせんべい の 生地が発生してしまいました。
    焼きたての、さくら煎餅を赤字覚悟で販売いたします。

20200727 鶴巻通り 6   雑司ヶ谷七福神


ここにも コロナの影響があるのですね
これは 買って帰らなければ・・・

20200727 鶴巻通り 10   雑司ヶ谷七福神


中では お煎餅を焼いている所を 直接見ることが出来ます

20200727 鶴巻通り 5   雑司ヶ谷七福神

20200727 鶴巻通り 7   雑司ヶ谷七福神


そして もう一軒 赤丸ベーカリーに寄ります
好きな葡萄パンは 午後からと言うことで諦め 違うパンにしました

20200727 鶴巻通り 8   雑司ヶ谷七福神


雑二ストアーの横にある 旅猫雑貨店は 閉まっています
猫ちゃんの雑貨を 見たかったのですが 残念です

20200727 鶴巻通り 9   雑司ヶ谷七福神


肝心な 七福神の続きです

<毘沙門天 清立院>
ここは 昨年のお正月に 訪ねた事がありますが
七福神の紹介を 殆ど省いてあるので 改めて行きました

ここは 赤い旗と 毘沙門天の提灯があって
直ぐに分かりました

20200727 毘沙門天 1   雑司ヶ谷七福神


階段を上り

20200727 毘沙門天 10   雑司ヶ谷七福神

20200727 毘沙門天 2   雑司ヶ谷七福神


こちらに お出でです

20200727 毘沙門天 3   雑司ヶ谷七福神


光ってしまい お姿が良く見えませんが

20200727 毘沙門天 4   雑司ヶ谷七福神


毘沙門天・びしゃもんてん
   約770年前から皮膚病・雨乞いの祈願寺として崇高されてきました。
   甲冑をつけ槍を持った姿は昔から武将たちに愛されたインドの
   戦勝の神様ですが、左手の宝塔は人々への福徳を与える優しさを
   持ち合わせています。 また、豊島区指定文化財でもあります。
   心願成就・降魔厄除

20200727 毘沙門天 5   雑司ヶ谷七福神


足元を見ると 鬼 と その前に 七福神でしょうか?

20200727 毘沙門天 6   雑司ヶ谷七福神


境内の端に 2本の松
「雨乞いの松」 と立て札に書いてあります
今なら 雨止め して欲しいのですが・・・

20200727 毘沙門天 7   雑司ヶ谷七福神


お寺の横を少し行くと 雑司ヶ谷霊園になります
この季節は 緑が目に沁みます
次の機会に訪れたいです

20200727 毘沙門天 8   雑司ヶ谷七福神


七福神巡り と言う割には 寄り道が多くて 予定は進みません
まだ 二つ 残っています

恵比寿神・えびすしん は ここから近い所に いらっしゃるのです

華の福禄壽・はなのふくろくじゅ は 別の日に 漸く探し当てました

長くなるので 次回へ 続きます



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sashikoshishu.blog.fc2.com/tb.php/1269-2ef4f5f7

 | ホーム |  page top