FC2ブログ

プロフィール

笑子(しょうこ)

Author:笑子(しょうこ)
笑子(しょうこ)
笑って毎日を過ごしたいと、気持ちを込めた名前です。
楽しみにと手仕事を始めました。
刺し子、刺繍とも、独学なので分からない事だらけ。
知識がない分、易しいステッチ(運針?)を中心に
デザインを楽しんでいます。


カレンダー(月別)

09 ≪│2020/10│≫ 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


お願い

当ブログ内のすべての [ 画像・内容・デザイン ] を無断で転載される事、無断のリンクは、ご遠慮いただいております。 素人ではありますが、心を込めてデザイン・作品制作の取り組んでおります。 ご理解をお願いいたします。

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

雑司ヶ谷・七福神巡り その一


少し前になりますが 5月中旬から下旬にかけての事
前から 巡ってみたいと思っていた
雑司ヶ谷 ・七福神巡り を ヤット実行できました

少し長くなりますが お付き合い頂ければ嬉しいです

またまた パンフレットを大事に持っていました
表紙の一部ですが 都電に乗った 楽しいそうな七福神

20200722 鬼子母神  1   雑司ヶ谷七福神


7カ所と言っても 半日もあれば 巡る事が出来るそうです
目的地だけでなくその周囲も キョロキョロ・ウロウロしたい
と 何回かに分けていく事にしました

地図でみると 
左上が池袋 で 右側端の真ん中が護国寺 になります
小さいですが 赤い丸と四角が 場所になります

20200722 鬼子母神  8   雑司ヶ谷七福神


何時も訪れる所からと 
雑司ヶ谷・鬼子母神から 行く事にしました

<大黒天 鬼子母神堂 >

参道から 入ります

20200722 鬼子母神  2   雑司ヶ谷七福神


奥に本殿がみえます

20200722 鬼子母神  3   雑司ヶ谷七福神


本殿の手前 右側に 「大黒天」の旗がたっています

20200722 鬼子母神  4   雑司ヶ谷七福神


この中に いらっしゃいます

20200722 鬼子母神  6   雑司ヶ谷七福神


どの様な神さまか 案内板がありました
<大黒天>
     鬼子母神の夫で インドから伝来しました
     大黒天の持つ小槌の「ツチ」は 大地の「ツチ」に通じ
     物はすべて大地より生み出される。
     つまり「宝」を打ち出すという豊作の神でもあり、
     日本の出雲の大国主命の「大国様」と合わされ
     親しまれています。
     五穀豊穣・子孫繫栄

目が大きくて ドッシリとしていらっしゃいました

20200722 鬼子母神  7   雑司ヶ谷七福神


大黒天の所から 鬼子母神の本殿を見ると 
この様な位置になります

20200722 鬼子母神  5   雑司ヶ谷七福神


さて 次は 歩いて近くにある 法明寺へ 向かいます 

<弁財天 観静院> 

法明寺の境内へ入り 右側の塀に沿って行くと 
観静院・かんじょういん が ありました

20200722 観静院  1   雑司ヶ谷七福神


何となく入りにくいのですが 表札?には 間違いなく
観静院とあるので 門を入ります

20200722 観静院  2   雑司ヶ谷七福神


左手に 弁財天の旗がありました

20200722 観静院  3   雑司ヶ谷七福神


左の案内板には
<弁財天>
     元々はインドの女神サラスヴァーティーで河の神・水の神です。
     昔々の漢字表記は本来「弁才天」ですが、財宝神としての
     願いも加えられた「弁財天」と使い分けされ、琵琶を奏でる
     美しい微笑みに包まれ、歌を口ずさみたくなる芸術の女神です。
     福徳施与・学徳成就

美しく優しく 微笑んでいらっしゃいました

20200722 観静院  4   雑司ヶ谷七福神


その奥に 斜めになってしまいましたが
こちらも優しく微笑んでいます
ネットでも調べたのですが 詳しい事は分かりません

20200722 観静院  5   雑司ヶ谷七福神


観静院を出て 法明寺の山門の前へ
緑が陽に輝いています

20200722 観静院  6   雑司ヶ谷七福神


折角来たのだから と 中へ入り 緑を楽しみました
本殿を挟んで 鐘楼 と 寺務所 の前

20200722 観静院  7   雑司ヶ谷七福神

20200722 観静院  8   雑司ヶ谷七福神


法明寺の横を通り 池袋方面へ 歩きます

<布袋尊 中野ビル>   

東通り・あずまどおり に出ると 直ぐに分かりました
この通りで見かけたことが 何度もあるのです

20200722 中野ビル  1   雑司ヶ谷七福神


本当に ビルの一角にあるのです 
何故なのでしょうか

20200722 中野ビル  2   雑司ヶ谷七福神


<布袋尊>
     中野ビル七代目に護持されている布袋尊。
     唐の末期に実在したと言われる仏教の禅僧でもあり、
     弥勒菩薩の化身とも言われています。
     満面微笑みと大きなお腹、大層な宝物が入っているような
     布の袋は複々しさを感じさせてくれます。
     千客万来・金運隆盛

20200722 中野ビル  3   雑司ヶ谷七福神
 

横にいらっしゃるのは 何方かしら?

ネットで検索して 何人かの方のブログの記事から 
纏めさせて頂きました
      大正6年・1917年 に 建立された 親子の布袋さん 
      向かって左側の布袋尊像の右肩は、修復されていますが
      東京大空襲・昭和20年・1945年3月 と
      城北大空襲・昭和20年4月 の 2度の空襲で
      破損したものだとのこと

20200722 中野ビル  4   雑司ヶ谷七福神


ここから そう遠くはない所に 
福禄寿 ・ 仙行寺が あるはずなのだけれど・・・
赤い 丸と長方形の 一番上です

20200722 鬼子母神  9   雑司ヶ谷七福神


雑司ヶ谷七福神の赤い旗を目印に 探したのですが
何故か見つからないので 諦め 次の機会にとしました

何時も訪ねたり 通っている所ばかりなのですが 
     鬼子母神では 七福神巡りをする時に と
     法明寺・観静院は 知りませんでした
     中野ビルでは 通り過ぎてはいたけれど

今まで 後から 何時かは・・・と 殆ど 通り過ぎておりました

何度も訪れ 馴染みのある場所ですが
雑司ヶ谷の歴史も含め 新鮮な新たな気持ちで
神さま方に お会いする事ができました

残りの 4カ所は 次回へ続きます


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sashikoshishu.blog.fc2.com/tb.php/1268-e1c6e5e7

 | ホーム |  page top