FC2ブログ

プロフィール

笑子(しょうこ)

Author:笑子(しょうこ)
笑子(しょうこ)
笑って毎日を過ごしたいと、気持ちを込めた名前です。
楽しみにと手仕事を始めました。
刺し子、刺繍とも、独学なので分からない事だらけ。
知識がない分、易しいステッチ(運針?)を中心に
デザインを楽しんでいます。


カレンダー(月別)

09 ≪│2018/10│≫ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


お願い

当ブログ内のすべての [ 画像・内容・デザイン ] を無断で転載される事、無断のリンクは、ご遠慮いただいております。 素人ではありますが、心を込めてデザイン・作品制作の取り組んでおります。 ご理解をお願いいたします。

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

まとめ

肥後細川庭園  花菖蒲


先週 文京区にある 肥後細川庭園へ 
花菖蒲を 見に行ってきました

数年前に 池のかいぼり をして 庭園も整備され
池の周りには 花菖蒲が植えられていましたが
この時期に 訪れるのは 初めてです

写真が多くなりましたが お付き合い頂けると嬉しいです

この庭園では 「 肥後花菖蒲 」 が植えられているようです
( HPから )
肥後花菖蒲の特徴とは
    花弁が大きく大輪
    花芯が立っていること
で 花色は 白 紅 紫など純色のもの程 優秀とされているとか

正門から入ると お庭の案内図があります
中門から見ると 奥に細長いカタチをしています

    20180605  門  1     花菖蒲


中門を入って直ぐ右側 灯篭の手前に 大きな木があります

20180605  門  2     花菖蒲


黄色の花が満開 
派手さは無いけれど綺麗です
花を初めてみますが 整備される前に植えられていたのは 菩提樹でした

20180605  門  3     花菖蒲


中門から入って見た庭園を 右手から左手へと 撮ってみました
2枚目の 池の手前に小さく写っているのが 花菖蒲です

20180605  門  4     花菖蒲

20180605  門  5     花菖蒲

20180605  門  6     花菖蒲


大池の近くまで行くと 白い花 薄紫の花が咲いています

20180605  花菖蒲  1     花菖蒲


池の向う側にも 花が咲いているのがわかります

20180605  花菖蒲  2     花菖蒲


ぐるーと 池の周りを巡りながら 花菖蒲を写しました
その中から 何枚かを
名前の立札が わかるものは名前を入れました

< 玉洞 >

20180605  花菖蒲  3     花菖蒲


< 曙 >

20180605  花菖蒲  4     花菖蒲


< 吉江紫 >

20180605  花菖蒲  5     花菖蒲


< 車駐 ・ くるまとどめ >

20180605  花菖蒲  6     花菖蒲


< 業平 >

20180605  花菖蒲  7     花菖蒲


小高い丘を抜け 三重の塔の下 大池の端の方から見ると
対岸にも 花が咲いています

20180605  花菖蒲  8     花菖蒲


下ってくると 南門へ出ます
右手が中池  左手が小池 になります

20180605  花菖蒲  9     花菖蒲


小池には まだ咲いていない花菖蒲もありました

< 駒繋 ・ こまつなぎ >

20180605  花菖蒲  10     花菖蒲


来た時とは 池の反対側を 戻ります

20180605  花菖蒲  11     花菖蒲


< 紅桜 >

20180605  花菖蒲  12     花菖蒲


< 西行桜 >

20180605  花菖蒲  13     花菖蒲


< 靄間空 ・ もやまそら > 

20180605  花菖蒲  14     花菖蒲


< 鎧武者 >

20180605  花菖蒲  15     花菖蒲


名前がわからないけれど 綺麗に撮れたもの

20180605  花菖蒲  17     花菖蒲

20180605  花菖蒲  16     花菖蒲

20180605  花菖蒲  18     花菖蒲


平日のお昼前だったからかしら
余り人に合わず 静かな気持ちになる事ができました
紫陽花も色づき始め 一層華やかです

20180605  門  7     花菖蒲


今週末に 「 肥後花菖蒲ボランティアガイドツアー 」 がある様です
肥後菖蒲は 優雅な名前が 多い様に思います
    作られた経緯 
    つけられた名前の経緯 
    花や葉にどの様な特徴があるのか 
などを 来年は 参加して 花菖蒲の事を知りたいと思います

帰ろうかと 中門へ向かうと デイケアの方々かしら?
ゆっくりと お庭を巡っている様です

20180605  門  8     花菖蒲


中門を出て 正門に向かうと 
可愛らしい子供達に出会いました

20180605  門  9     花菖蒲


正門を出たら 今度は お嫁さん達に

20180605  門  10     花菖蒲


午前中だから 人が少ないのかしら? と思っていたら
立て続けに出会い 人生を振り返る様な気持ち になりました
年齢に関係なく 花と緑の庭園に 安らぎがあるのでしょうか

開園時間は 冬を除き 午前9時から午後5時まで
庭園は 無料開放されていて 気軽に訪れる事ができます

季節ごと と言わずに もっと足繁く 訪れたいと思います


スポンサーサイト

コメント

笑子さん、こんばんは。
お花とっても綺麗ですね。
こんなにいっぱい種類があるのですね。
どれもとても素敵です。
歩いているだけでも幸せいっぱいになりそうですね。
2018-06-06 20:42 | #- | URL [ 編集 ]


本当に、白・桃・紫色と多くの種類の花菖蒲がありました。
花菖蒲の数は、多くはないかと思うのですが、
肥後花菖蒲と限られている所は、全国でも少ないそうです。
花菖蒲につけられた名前も素敵なので、名前を確認しながら
池を巡り歩くのは、心身ともにレフレッシュできました。

2018-06-07 10:23 | 笑子(しょうこ) #- | URL [ 編集 ]

きれい風景にいやされます

こんにちは!いつも、ありがとうございます。

わたしは、アヤメ、カキツバタ、イチハツ、区別がつきません。
アジサイに匹敵するくらい美しい花ですのに。

2018-06-07 17:52 | 窓 #C6mduWPs | URL [ 編集 ]

窓さんへ

こちらこそ、何時も有難うございます。
私も一緒です。 
今でも、区別はつかないのですが、
「いずれが菖蒲か杜若」は、小さい頃、本当の花での事と思っていました。
濃い桃色は、華やかに、紫色の花菖蒲は、スーウとした佇まいに
気品がある様に見えてきます。

2018-06-07 21:10 | 笑子(しょうこ) #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sashikoshishu.blog.fc2.com/tb.php/1112-8c84bed1

 | ホーム |  page top