プロフィール

笑子(しょうこ)

Author:笑子(しょうこ)
笑子(しょうこ)
笑って毎日を過ごしたいと、気持ちを込めた名前です。
楽しみにと手仕事を始めました。
刺し子、刺繍とも、独学なので分からない事だらけ。
知識がない分、易しいステッチ(運針?)を中心に
デザインを楽しんでいます。


カレンダー(月別)

05 ≪│2018/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


お願い

当ブログ内のすべての [ 画像・内容・デザイン ] を無断で転載される事、無断のリンクは、ご遠慮いただいております。 素人ではありますが、心を込めてデザイン・作品制作の取り組んでおります。 ご理解をお願いいたします。

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

まとめ

見頃を過ぎていた牡丹


先週末 牡丹の花を 見に出掛けました

場所は 毎年の様に行っている 
新宿区・下落合にある 「 瑠璃山医王寺薬王院 」 です
この瑠璃山医王寺薬王院は 鎌倉時代に開山した
奈良長谷寺の末寺です

道の途中では
緑の岡だった所が 工事中だったり 
空き地に マンションが建っていたりと 
1年に1回しか訪れないと 変化に気が付きます

20180427  途中  1    落合牡丹


この子は 何時もの様に 門の上 
ツツジが綺麗だったので

20180427  途中  2    落合牡丹


何時も 途中休憩する 氷川神社
今年も  ここで お茶を一口

20180427  途中  3    落合牡丹

20180427  途中  4    落合牡丹


左右にある狛犬を写していたら 気が付きました

20180427  途中  5    落合牡丹


反対側には 下に 狛犬がいるのです
子供なのかしら?

20180427  途中  6    落合牡丹

20180427  途中  7    落合牡丹


何度も訪れて 狛犬も何度も見ているのに 
気がつかないものも あるのですね

薬王院へ 着きます
少し遠くからでも 最初に目につく大きな木が 目印です

20180427  門  1    落合牡丹

20180427  門  2    落合牡丹


階段を上って 中に入ると 人影は マバラ
牡丹の花も マバラでした

20180427  門  3    落合牡丹

20180427  庭  1    落合牡丹


奥の方に 綺麗な花が残っていました
陽が簾を通して 縞模様になっています

20180427  庭  2    落合牡丹

20180427  庭  3    落合牡丹

20180427  庭  4    落合牡丹

20180427  庭  5    落合牡丹


入り口正面から 左手に広がる傾斜には 
牡丹が 咲いているはずだけれど 今年は 淋しい限りです

20180427  庭  6    落合牡丹

20180427  庭  11    落合牡丹


階段を上った所から 下を見ると 緑が綺麗です

20180427  庭  7    落合牡丹


その先にも 階段があります

20180427  庭  8    落合牡丹


上から見た階段ですが 
右脇の壁には 色々な植物がいるのです

20180427  庭  9    落合牡丹


石の間の小さな隙間から 何種類もの葉が出ています
花が咲いているものもあります
エライと 声を掛けたくなりました
見ていると 元気を貰いました 

20180427  岩壁  1    落合牡丹

20180427  岩壁  2    落合牡丹

20180427  岩壁  3    落合牡丹


昨年よりも 1週間余り早く出かけたのに
牡丹の花は 既に見頃を過ぎていました

20180427  庭  12    落合牡丹


今迄で来た中で 一番少なかったのですが
綺麗な牡丹を 見る事ができました

気候に左右される自然ですもの
人の思うままには ならないものです

来年も 花だけでは無く 街の色々な変化も楽しみながら
牡丹の花を 見に来たいと思います


スポンサーサイト

コメント

こんにちは!いつも、ありがとうございます。

奈良の長谷寺も、今年はよくないのでしょうか。
仰るように、自然の摂理には抗えませんものね。

こちらも、満開の時分には、圧巻でしょうね。
2018-05-01 17:24 | 窓 #C6mduWPs | URL編集 ]

窓さんへ

こちらこそ、何時もコメントを有難うございます。
毎年、満開の時期にと言う事が難しいのが、自然なのでしょうね。
早く季節が進んでいる今年は、それを見越したツモリでしたが
間に合いませんでした。
ここの斜地に咲いた牡丹は、本当に綺麗で見事です。

2018-05-02 05:41 | 笑子(しょうこ) #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sashikoshishu.blog.fc2.com/tb.php/1102-84c588fd

 | ホーム |  page top