FC2ブログ

プロフィール

笑子(しょうこ)

Author:笑子(しょうこ)
笑子(しょうこ)
笑って毎日を過ごしたいと、気持ちを込めた名前です。
楽しみにと手仕事を始めました。
刺し子、刺繍とも、独学なので分からない事だらけ。
知識がない分、易しいステッチ(運針?)を中心に
デザインを楽しんでいます。


カレンダー(月別)

07 ≪│2018/08│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


お願い

当ブログ内のすべての [ 画像・内容・デザイン ] を無断で転載される事、無断のリンクは、ご遠慮いただいております。 素人ではありますが、心を込めてデザイン・作品制作の取り組んでおります。 ご理解をお願いいたします。

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

まとめ

京源 展覧会へ


先週のこと
    家紋とアートの親和性
    Kamon Exhibition 
へ 行ってきました

お手伝いをしていた 早稲田大学の授業に 何度か講義に来て頂いた
紋章上絵師 波戸場承龍 ・ 耀次さん親子 お二人の展覧会です

場所は 神宮前にある
荒川技研工業本社・表参道ショールーム 「TIERS GALLERY」

20180416  建物  1   家紋展示会

20180416  建物  2   家紋展示会


階段を上がり ドアの手前 左の壁に飾られていたのは
「 片喰 木瓜 桐 藤 鷹の羽 」 の家紋を
13,200個の太鼓鋲で 打ち付けたもの
この5つの家紋は 人口の35%が 使っている
日本で一番多く使われている モチーフだそうです

20180416  建物  3   家紋展示会


2階が展示室です

20180416  建物  4   家紋展示会


階段を上った所にあるのは FURULのバッグ 「 家紋コレクション 」
波戸場さんが 手掛けたデザインです

20180416  作品  1   家紋展示会


反対側 窓に向かって 幾つもの作品が並んでいます

正面に見えるのは 「 屋久島地杉のオブジェ 」
615本のワイヤーで吊った 
2083個の屋久島の地杉 ・ じすぎ のボールで作られたもの

この方向では 桜 ですが 横から見ると 梅 に見えます
が 上手に写せませんでした

20180416  ボール  1   家紋展示会


吊ってあるボールを 下から見ると 

20180416  ボール  3   家紋展示会


お二人で 何かを確認しています

20180416  ボール  2   家紋展示会


桜 ・ 梅 が 綺麗に見える様に 調整していたのです

20180416  ボール  5   家紋展示会


このワイヤーにある 留め金? で ボールの位置を調整するそうです

20180416  ボール  4   家紋展示会


壁際にも 作品が展示されています
その中から 幾つかを紹介します

20180416  壁際  1   家紋展示会

20180416  棚  3   家紋展示会

20180416  壁際  5   家紋展示会


階段の反対側に プリンターの様なものが置いてあり
何故ここにと思い見ていると 動かして下さいました

20180416  壁際  6   家紋展示会

20180416  壁際  7   家紋展示会

20180416  壁際  8   家紋展示会


作品に戻ります
黒い紙に シルバーのペンで 円を描いています

20180416  壁際  2   家紋展示会

20180416  壁際  3   家紋展示会

20180416  壁際  4   家紋展示会


棚にも 紋をアレンジした作品が並んでいます

20180416  棚  1   家紋展示会


この甘酒のパッケージ 麹菌からとった模様だそうです

20180416  棚  2   家紋展示会


全ては紹介出来ませんでしたが 
昔から伝わっている紋で 様々な広がりが出来る事に驚きましたが
全て 紋の模様が基本とのこと

NHKの番組 「 デザインあ 」 でも 紋を紹介していらっしゃいます

20180416  壁際  9   家紋展示会


伝統的な家紋が 現代の物に溶け込み 
新たな物に生まれ変わっている不思議さ が新鮮でした

ボランティアでお会いしただけなのに 
お二人から 作品の製作過程などを 丁寧に説明をして頂きました

有難うございました


スポンサーサイト

コメント

こんにちは!いつも、ありがとうございます。

紋は、様々な意匠の基本になっていたのですね。
ボランティア活動のなかで、このようなお出逢いがあって、素晴らしいことですね。

FURULのバッグに家紋、イタリアと日本のコラボレーション。素敵でした。
2018-04-17 13:14 | 窓 #C6mduWPs | URL編集 ]

窓さんへ

こちらこそ、何時も有難うございます。
余り身近に見る事が少ないのですが、紋は一つ一つが完成された文様
だと改めて思いました。
ボランティアで出会った講師の方々は、お人柄も素晴らしい方々で、
宝物の様に思います。
FURULのバッグは、90周年アニバーサリーとして
家紋コレクションをデザインされた様です。

2018-04-17 21:21 | 笑子(しょうこ) #- | URL [ 編集 ]

下駄!! ポックリですかね!!!。

下駄… 懐かしいですね。。。
今は道路が整備されていて カラコロとうるさいですかね。
履いてみたいです、、、勇気ないけど…!
2018-04-19 15:02 | #u3/NSn3U | URL [ 編集 ]

お名前の無い方へ

コメントを有難うございます。
下駄、本当に懐かしいですね。
最後に下駄を履いたのは、若い頃、浴衣を着た時が最後だったかしら?
是非、勇気を出して、履いてみてみて下さい。
写真と感想を楽しみにしています。

2018-04-20 15:54 | 笑子(しょうこ) #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sashikoshishu.blog.fc2.com/tb.php/1099-2a541540

 | ホーム |  page top