FC2ブログ

プロフィール

笑子(しょうこ)

Author:笑子(しょうこ)
笑子(しょうこ)
笑って毎日を過ごしたいと、気持ちを込めた名前です。
楽しみにと手仕事を始めました。
刺し子、刺繍とも、独学なので分からない事だらけ。
知識がない分、易しいステッチ(運針?)を中心に
デザインを楽しんでいます。


カレンダー(月別)

09 ≪│2018/10│≫ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


お願い

当ブログ内のすべての [ 画像・内容・デザイン ] を無断で転載される事、無断のリンクは、ご遠慮いただいております。 素人ではありますが、心を込めてデザイン・作品制作の取り組んでおります。 ご理解をお願いいたします。

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

まとめ

2017年・秋学期  能 


ボランティアをしている 
早稲田大学の授業
   日本の良さを知る 「 伝統文化を学ぼう 」
昨年の12月中旬
       「 能を体験してみよう 」 が ありました

   インフルエンザで気力が出ず アップする時期が
   予定よりも 大幅に 遅くなってしまいました

2017年秋学期の大学の授業は 1月最終週で終わっていますが
まだ授業をアップしてないものを 紹介したいとおもいます

講師は  宝生流シテ方能楽師
           藤井 秋雅 ( ふじい しゅうが )  さん

20180323  講師  1    能


この日は 午前と午後に 同じ授業内容があり
写真は 二つの授業を 一緒にしたものです

能 についての講義から
初めに 能 の 歴史・由来 能舞台 などについて
今迄 知らない 見た事も無い 学生もいます

20180323  講師  2    能

20180323  講師  4    能


能の演目には 
     神・しん  男・なん  女・にょ  狂・きょう  鬼・き があり 
     多くが ハッピーエンドではない
     幽霊と人間が 一緒に存在している
など お話しの特徴を 教えて下さいました

20180323  講師  7    能


能の面 ・ おもて は 見る角度により 表情が違います

20180323  講師  3    能


能面は 顔全体を覆ってしまうので 黒い瞳の所に開けられた 
小さな穴?でしか 見る事ができません

能面をつけると どの位視野が狭くなるかを 学生が体験しました

20180323  面  1    能

20180323  面  2    能


能面に 直接手を触れないように

20180323  面  3    能

20180323  面  4    能


やはり 足元が覚束ない

20180323  面  5    能

20180323  面  6    能


次は 能の構え・立ち方を 体験します

扇子を持ち 腰を落とし 膝を曲げ
顔は正面を向いて 前のめりに ならない様に・・・  

20180323  体験  1    能

20180323  体験  2    能


この姿勢で 扇子を開くと言っても これも難しい

20180323  体験  3    能


だんだんと 揃ってきました

20180323  体験  4    能

20180323  体験  5    能


藤井先生は 既に芸歴24年
東京藝大・邦楽科で 能楽を学ばれた後
今は 家元について 22歳から 能楽堂に住み込み 
内弟子・書生として 修業をされています

それでも この世界では まだまだ との事
    60歳で 漸く一人前
    70歳で 中堅  
今 現役で92歳の方が いらっしゃるそうです
4歳と90歳が 同じ舞台に立つのは 他には無いのでは

そして 「 羽衣 」 の仕舞の一部を 披露して下さいました

20180323  講師  6    能

20180323  講師  5    能


藤井先生のお召しになっている袴は 
何と 祖父さんの時代の物だそうです

古典芸能である能は 世界無形遺産に 指定されていますが
日本人でも 難しいからと 一歩引いてしまいます

留学生にとっては 言葉も所作も 難しく
どこまで理解できるかと 心配していましたが
藤井先生の分かり易い解説 と 実際に扇を持った体験など 
とても楽しい授業でした


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sashikoshishu.blog.fc2.com/tb.php/1094-b8f71357

 | ホーム |  page top