FC2ブログ

プロフィール

笑子(しょうこ)

Author:笑子(しょうこ)
笑子(しょうこ)
笑って毎日を過ごしたいと、気持ちを込めた名前です。
楽しみにと手仕事を始めました。
刺し子、刺繍とも、独学なので分からない事だらけ。
知識がない分、易しいステッチ(運針?)を中心に
デザインを楽しんでいます。


カレンダー(月別)

07 ≪│2018/08│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


お願い

当ブログ内のすべての [ 画像・内容・デザイン ] を無断で転載される事、無断のリンクは、ご遠慮いただいております。 素人ではありますが、心を込めてデザイン・作品制作の取り組んでおります。 ご理解をお願いいたします。

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

まとめ

神楽坂か ら飯田橋へ


所用で 神楽坂の近くまで行く事があり
折角なのでと 飯田橋まで 散歩しました

毘沙門天の前を通ると 門の前に 何かあります

20180315  毘沙門天  1   神楽坂から飯田橋


近寄ってみると 竹で作った 大きなハート
横にある プレートを見ると
    神楽坂通り 竹あかり 2018
    2月14日から 3月14日まで 
この日程 バレンタインデーから ホワイトデーでは?
暗くなって 灯が入ると素敵でしょうね

20180315  毘沙門天  2   神楽坂から飯田橋


昨年12月にアップした 肥後細川庭園でも 竹あかり がありましたが 
神楽坂では 「 ちかけん 」 と書いてあります
肥後細川庭園での 竹あかりプロデューサーの 三城賢士さんは
この「 ちかけん 」 で 制作プロデュースしている様です
全国各地で 竹あかりの魅力を 伝えているのですね

神楽坂は 人が多く お目当てのお店は 満席でした
仕方なく 飯田橋方面へ 神楽坂通りを下ります
坂下から 神楽坂通りを見て

20180315  毘沙門天  4   神坂から飯田橋


外堀通りを渡り 飯田橋駅 の方へ 来ました
駅を左に見て 橋 ・ 牛込橋 を渡ります
千代田区富士見 と 新宿区神楽坂 の間に 橋があるそうです

20180315  飯田橋  4   神楽坂から飯田橋


下を見ると 何本か線路が通り その横では工事中

20180315  飯田橋  1   神楽坂から飯田橋


橋を渡った所に 石垣があります
江戸城外郭門の一つ 牛込門が あった場所だそうです

20180315  飯田橋  2   神楽坂から飯田橋


反対側にも石垣があり この右側の方に 橋が続きます

20180315  飯田橋  3   神楽坂から飯田橋


牛込橋を渡り 左へ行くと 飯田橋駅は工事中
西口は 今は牛込橋の向う側にあります
こちら側にも 出来るのかしら?

20180315  飯田橋  5   神楽坂から飯田橋


右手には 日本医科大学付属病院

20180315  飯田橋  6   神楽坂から飯田橋


その先にあるビルで ランチをとりました

20180315  飯田橋  7   神楽坂から飯田橋


神楽坂では 若いカップルの姿が目立ちましたが
ここのお店では ベビーカーと一緒の子供連れの家族が多く ビックリ!!  
美味しかったです
嬉しい事に 飲み物がついても お財布に優しいお値段でした

20180315  飯田橋  8   神楽坂から飯田橋

20180315  飯田橋  9   神楽坂から飯田橋


飯田橋駅の東口へ向かいます

JRの線路に沿った壁に 絵が描かれています
歩きながら 見て行くと 鯨の絵では?

20180315  飯田橋  10   神楽坂から飯田橋


飯田橋駅を利用する時は 殆ど東口ばかりです
壁に何か描かれている とは 思っていましたが
鯨の頭 だったのですね

道路を隔てた壁を見ると こちらも鯨
この道を渡っているのに 全く気が付きませんでした

20180315  飯田橋  11   神楽坂から飯田橋


キョロキョロして歩いている と思っていたのですが
まだまだ 修業が足りないのかしら?

もう一つ 
神楽坂を歩いている時に 和菓子を食べたい との要望があり 
きんつば を求めました
和菓子は頂きますが きんつば  を選ぶ事は殆ど無く 久し振りです 
最後に食べたのは 何時だったかしら? 

家へ帰り お茶を入れていたら 先に封を開けていて
    色が違う と言う声がします
改めて包装をみると 「 芋 」  と 大きく書いてあるではないですか

20180315  毘沙門天  3   神楽坂から飯田橋


アララと思っていると 隣から またもや声が 
    買った人が 責任もって処理して下さい!!

こちらが 余り好きではない物の場合に 
    人をあてにしないで 
    ご自分で食べる事ができる分量にして下さい
と 何時も言っているのですから 仕方ありません・・・

写真にある物の倍は まだあるのです
毎日 一つづつ 頂く事にします


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sashikoshishu.blog.fc2.com/tb.php/1092-bd047a18

 | ホーム |  page top