FC2ブログ

プロフィール

笑子(しょうこ)

Author:笑子(しょうこ)
笑子(しょうこ)
笑って毎日を過ごしたいと、気持ちを込めた名前です。
楽しみにと手仕事を始めました。
刺し子、刺繍とも、独学なので分からない事だらけ。
知識がない分、易しいステッチ(運針?)を中心に
デザインを楽しんでいます。


カレンダー(月別)

09 ≪│2018/10│≫ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


お願い

当ブログ内のすべての [ 画像・内容・デザイン ] を無断で転載される事、無断のリンクは、ご遠慮いただいております。 素人ではありますが、心を込めてデザイン・作品制作の取り組んでおります。 ご理解をお願いいたします。

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

まとめ

熊谷 星川沿いで


熊谷の 遊書展での帰りは 川沿いの道 星川通りを歩きます

20180301  星川  1    熊谷にて


何時も閉まっていた門が 開いているお寺がありました

圓照寺 ( えんしょうじ ) でした

20180301  圓照寺  1    熊谷にて


後から ネットで調べてみると ( 圓照寺のHPから )
    天禄元年庚午之歳 ( 970年 ) 僧覚榮法師の創立で
    熊谷市最古の名刹です
    本尊は阿弥陀如来 また不動明王は 「 くまがやお不動様 」
    と愛唱され 全国不動霊場に名をつらねています

残念ながら 御本尊には お会いする事はできませんでしたが
本殿への階段 両脇に お地蔵様が 並んで迎えて下さいました

20180301  圓照寺  2    熊谷にて

20180301  圓照寺  3    熊谷にて


その横には 観世音菩薩さん と 地蔵大菩薩さん  

20180301  圓照寺  4    熊谷にて

20180301  圓照寺  5    熊谷にて


手水の龍は 身を乗り出している様で 迫力があります

20180301  圓照寺  6    熊谷にて


手水の奥に 暗くて良くみえませんが 七福神 
小さな七福神が 下にも

20180301  圓照寺  7    熊谷にて


その横には 大きな
    恵比寿天 ・ 鯛を抱えている から
    大黒天  ・ 打出の小槌を持っている ので
ではないかと 思います

20180301  圓照寺  8    熊谷にて


手水の右手には 12支守本尊8体仏で
生まれた干支 ・ 12干のご本尊 です

20180301  圓照寺  9    熊谷にて


下には 干支と仏様のお名前が あります

20180301  圓照寺  10    熊谷にて

20180301  圓照寺  11    熊谷にて

20180301  圓照寺  12    熊谷にて


手水の左手には お稲荷さん

20180301  圓照寺  13    熊谷にて


圓照寺の境内は 決して広いとは言えませんが
その中に 多くの仏様がいらっしゃいました

星川通りに戻り 駅まで 先を歩きます

20180301  星川  2    熊谷にて


所々に だるま市 の 旗が目につき 何かしら? 
と思っていたら 張り紙がありました

20180301  星川  3    熊谷にて


星川の上を通る道に出る手前に 小屋が建てられいます
ここで何かイベントでも あるのかしら

20180301  星川  4    熊谷にて

20180301  星川  5    熊谷にて


星川には こんな住人がいました

20180301  星川  6    熊谷にて


熊谷で開かれている 遊書展へ行くのは 今年で3回目ですが
毎回 会場の有る 熊谷駅の北側を 歩いてばかりです

熊谷への所要時間は 池袋から 特別快速で 約1時間ほど 
帰宅時間を睨んで 予定をたてると 同じ様な滞在時間になります

1本早目に乗車すれば 時間に余裕ができそうなので
次回は 駅の南側へ 行ってみたいと思います


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sashikoshishu.blog.fc2.com/tb.php/1088-ba0bcc8d

 | ホーム |  page top