FC2ブログ

プロフィール

笑子(しょうこ)

Author:笑子(しょうこ)
笑子(しょうこ)
笑って毎日を過ごしたいと、気持ちを込めた名前です。
楽しみにと手仕事を始めました。
刺し子、刺繍とも、独学なので分からない事だらけ。
知識がない分、易しいステッチ(運針?)を中心に
デザインを楽しんでいます。


カレンダー(月別)

09 ≪│2018/10│≫ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


お願い

当ブログ内のすべての [ 画像・内容・デザイン ] を無断で転載される事、無断のリンクは、ご遠慮いただいております。 素人ではありますが、心を込めてデザイン・作品制作の取り組んでおります。 ご理解をお願いいたします。

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

まとめ

2017年・秋学期 鬼子母神・法明寺 見学


ボランティアをしている 
早稲田大学の授業
   日本の良さを知る 「 伝統文化を学ぼう 」
11月下旬
       「 鬼子母神 ・ 法明寺 見学 」 が ありました

2017年秋学期の大学の授業は 1月最終週で終わっていますが
まだ授業をアップしてないものを 紹介したいとおもいます

教室で 出席をとった後 グループになって
都営荒川線 : 終点・始発の 早稲田駅から 乗車します

都営荒川線 今は 「 東京さくらトラム 」 に なっているのですが
まだ 新しい名前に 馴染めません

20180201  鬼子母神まで  1   鬼子母神


鬼子母神前で降りて 参道を進みます
両側の木々も 黄色に色づいています

20180201  鬼子母神まで  2   鬼子母神


11月下旬ですが 「 七 五 三 」 の立札

20180201  鬼子母神まで  3   鬼子母神


正面の 鬼子母神堂に入ります
   本殿は 寛文4年 ( 1664年 )
   前田利常の息女で 安芸藩主浅野家に嫁した
   自昌院殿の寄進により建立され 豊島区内最古の建造物
だそうです

お堂の中で 上を見上げると 何枚もの 絵馬が掲げられています

20180201  堂内  3   鬼子母神


これは 二代目鳥居清満画 「 三人静白拍子図 」の絵馬で
東京都有形文化財に 指定されています

20180201  堂内  2   鬼子母神


副住職さんから 
鬼子母神 や このお堂 について お話しを伺います
右奥には 鬼子母神像が納められていますが 写真は NGです

20180201  堂内  1   鬼子母神


お祀りしてある鬼子母神像を模したもの

20180201  堂内  5   鬼子母神


お堂に入った所に戻り ここでもお話しを伺いました

20180201  堂内  10   鬼子母神

20180201  堂内  8   鬼子母神


中から 奉納された絵馬 や お参りに見えた方が見えたり

20180201  堂内  9   鬼子母神


ここから外を見たらどうかしら? と入口へ戻ると
学生達が脱いだ靴が 綺麗に並んでいました

20180201  堂内  4   鬼子母神


お堂の前で 記念撮影

20180201  堂内  12   鬼子母神


鬼子母神から 歩いて数分の 法明寺へ

20180201  法明寺  1   鬼子母神

20180201  法明寺  2   鬼子母神


寺務所では 副住職さんから 
   11月15日に行われる 「 七 五 三 」 について
   歴史 や 謂れ 夫々の歳にする お祝い事
などの お話しを伺いました

20180201  法明寺  3   鬼子母神

20180201  法明寺  4   鬼子母神


旧暦の15日は 鬼宿日 ( 鬼が出歩かない日 ) に当たり
何事をするにも吉 とされたそうです

   数え年3歳 : 「 髪置きの儀 」
              江戸時代 3歳迄は髪を剃る習慣を 終了する
   数え年5歳 : 「 袴儀 」 袴を履く事を始める
   数え年7歳 : 「 帯解きの儀 」と 女の子が幅の広い大人と同じ
              帯を結び始める

何の不思議も無く 習慣として 行われていますが
夫々 意味のある事だったのです

何時も用意して下さる お茶 と お団子と最中
今回も ボランティアの分まで 用意して下さいました

20180201  法明寺  5   鬼子母神

20180201  法明寺  6   鬼子母神


廊下から見える中庭です 

20180201  法明寺  7   鬼子母神


帰りに 再度立ち寄った 鬼子母神の境内にある 大銀杏の木 
葉が落ち始めていました
この銀杏な樹齢は 600年以上と言われています

「 七 五 三 」 は ウイキペディアによると
   天和元年11月15日 ( 1681年12月24日 ) に
   江戸幕府・第5代将軍である 徳川綱吉の長男の
   健康を祈って 始まったとされる説が有力 とあります

20180201  堂内  11   鬼子母神


この大銀杏は それよりも 200年以上前から 生きている事になります
時の長さが けた外れに 凄い物だと思いました

日本の歴史 庶民の文化 願いをも 長年見続けているのでしょうね

これからも 元気で 鬼子母神に来る人々に
勇気と元気を 与え続けて欲しい と思いました


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sashikoshishu.blog.fc2.com/tb.php/1082-e09badbe

 | ホーム |  page top