FC2ブログ

プロフィール

笑子(しょうこ)

Author:笑子(しょうこ)
笑子(しょうこ)
笑って毎日を過ごしたいと、気持ちを込めた名前です。
楽しみにと手仕事を始めました。
刺し子、刺繍とも、独学なので分からない事だらけ。
知識がない分、易しいステッチ(運針?)を中心に
デザインを楽しんでいます。


カレンダー(月別)

09 ≪│2018/10│≫ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


お願い

当ブログ内のすべての [ 画像・内容・デザイン ] を無断で転載される事、無断のリンクは、ご遠慮いただいております。 素人ではありますが、心を込めてデザイン・作品制作の取り組んでおります。 ご理解をお願いいたします。

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

まとめ

草乃しずか展へ


先週 昨年12月下旬から 銀座・松屋で開催されていた
草乃しずか展へ 行ってきました

混雑を予想して 平日のお昼に着くようにしたのですが
考えが甘かった! のか 混雑していました

写真が ボケているのですが 入口だけ

20180116  会場  1   草乃しずか展

20180116  会場  2   草乃しずか展


勿論 撮影は NGなので チケットから

20180116  パンフ  1   草乃しずか展


この着物は
心に着せる ~ 百花繚乱 をテーマにした作品からで
13人の 歴史に残る女性たちへの振袖 の一つ

タイトルは エカテリーナに寄せて で
エルミタージュ宮殿を イメージしたもの とのこと

次は 会場で頂いた パンフレットを写したものですが

振袖 ・ 出雲阿国に寄せて

20180116  パンフ  8   草乃しずか展

20180116  パンフ  9   草乃しずか展


振袖 ・ 紫式部に寄せて

20180116  パンフ  3   草乃しずか展

20180116  パンフ  4   草乃しずか展


次は 展覧会の図録の 表紙と裏表紙を 撮ったもの

振袖 ・ お市の方に寄せて

20180116  パンフ  5   草乃しずか展

20180116  パンフ  6   草乃しずか展


振袖 ・ 淀殿に寄せて

20180116  パンフ  7   草乃しずか展


他には  お江の君  北条政子  静御前  額田王  楊貴妃  
      ヴィクトリア女王   マリーアントワネット  マリア・テレジア
と 東西の美しい女性をイメージした振袖が 展示されていて
着物地 も 刺繍も 見ているだけで 圧倒される 
美しく 艶やかで 鮮やな振袖でした

会場で 艶やかな着物や帯では無く 一つ気になったものがありました
会場の片隅のケースに入った 古い小さな本 でした

明治期に作られた図案集 で 日本の文様が書かれています
これもパンフレットからですが その中からの一つ 

20180116  パンフ  2   草乃しずか展


会場は 幾つかのコーナーに 分かれていました

その中から
「 古ぎれコラージュ 」 作家の
お母様 ・ 三星静子さんとの コラボの作品
   何年か前に 三星静子さん本を読んで 歳には関係ない と
   勇気を頂きました
   鮮やかな布の取り合わせ 色合いの感性が 素敵でした

オーガンジーに アプリケしたもの
   何にアプリケしたのか 後ろはどうなっているのか と
   裏に回って 見たのですが 材質までは わかりませんでした

他にも 
   正倉院裂を参考にした帯
   アンティークの古裂を使った帯
   屏風  小物  クッション
など 一つ一つ見ても 模様 と 生地と糸の色合い が 素敵でした

展覧会では 出口に続く所で 売店が開かれていますが 
そこでも 草乃さんデザインの 手拭 手提げ袋 葉書 栞 など 
様々な物がありました

そこで惹かれたのが ただの 「 箱 」
売り場では 撮影不可なので 少し恥ずかしかったけれど
包む前に レジでお願いして写しました
3種類の箱の中で 迷った挙句に決めました

20180116 手土産・お菓子 2  草乃しずか展  (2)

20180116 手土産・お菓子 2  草乃しずか展  (1)


草乃さんの作品は 思っていた以上に 点数が多く
艶やかな作品は 勿論 素敵でしたが
    100年もたつ古い本 や 
    中身のお菓子よりも 箱 に
惹かれてしまうのは
ヒョットしたら お臍の位置が 少しばかり ズレているのかもしれません


スポンサーサイト

コメント

こんにちは!
いつも楽しく拝見しています。
今回は
目の保養をさせて頂きました。
有難うございます。
2018-01-17 15:38 | tugumi365 #- | URL [ 編集 ]

ugumi365さんへ

こちらこそ、何時もお越し頂き有難うございます。
直接見ると、色などが違うのは、絵画でも同じ事ですが、
振袖などは立体的だし、刺繍も厚みがあります。
とても綺麗だったので、少しでも伝わればと思いましたが、
拙い言葉で表現するのは、本当に難しいものですね。

2018-01-17 20:20 | 笑子(しょうこ) #- | URL [ 編集 ]

No title

こんばんは~ 初めましてかも?ですが 老婆なのでお許しを

素晴らしいですね 私も見たかったです

そう どの作品も素晴らしいですよね 

しっとりとしてそれでいて芯のあるお方ですよね

言葉では表現できないですよね やはり実際に見ませんとね。

2018-01-18 19:26 | プチ・クレソン #ANhpGvMo | URL [ 編集 ]

プチ・クレソンさんへ

初めまして。 コメントを有難うございます。
本当に素晴らしかったです。
気持ちとしては、図録を撮ったものもアップしたい位なのですが、
そうも出来ないので残念です。
作品数が多くて、見応えがありました。

2018-01-19 10:30 | 笑子(しょうこ) #- | URL [ 編集 ]

こんにちは

いいですね~ この目で見たいです。
私も箱に魅かれます。
着物は無理でも箱は持って帰りたい。
と言う事は・・私のお臍もズレあり?
2018-01-19 11:13 | 布遊子 #- | URL編集 ]

布遊子さんへ

全くです!! 着物は無理ですもの・・・
家人からみると、ただのゴミにしか見えないらしいのですが、
綺麗な包み紙や箱は、ナカナカ捨てる事が出来ません。
後から、どうしても箱が気になり、出展していたお店を知りたいと
レシートやお菓子の裏をみたのですが、お店の名前は書いてありませんでした。
ハイ、お臍をよ~く見るとわかります。 きっとズレているかと思います!!
2018-01-19 13:09 | 笑子(しょうこ) #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sashikoshishu.blog.fc2.com/tb.php/1076-95755e4a

 | ホーム |  page top