FC2ブログ

プロフィール

笑子(しょうこ)

Author:笑子(しょうこ)
笑子(しょうこ)
笑って毎日を過ごしたいと、気持ちを込めた名前です。
楽しみにと手仕事を始めました。
刺し子、刺繍とも、独学なので分からない事だらけ。
知識がない分、易しいステッチ(運針?)を中心に
デザインを楽しんでいます。


カレンダー(月別)

09 ≪│2018/10│≫ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


お願い

当ブログ内のすべての [ 画像・内容・デザイン ] を無断で転載される事、無断のリンクは、ご遠慮いただいております。 素人ではありますが、心を込めてデザイン・作品制作の取り組んでおります。 ご理解をお願いいたします。

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

まとめ

2017年・秋学期 民踊


ボランティアをしている
早稲田大学の授業 
   日本の良さを知る 「 伝統文化を学ぼう! 」
秋学期は 10月から 授業が始まりました

最初のゲスト講師の授業は
      「 日本の民踊を踊ってみよう 」 です

講師は 
    (公財)日本レクリエーション協会・公認指導者
    (公社)日本フォークダンス連盟・公認指導者  
                     小倉あけみ さん です

「 民踊・みんよう 」 は  
   「 謡う : 民謡 」 では無く 
   「 踊る : 民踊 」 で 日本のフォークダンスの事

20170912  講義  1    民踊


初めは 講義から 
     ・ 民踊とは
     ・ 民踊の分類
     ・ 日本民踊の特徴
     ・ 現代に生きる民踊

20170912  講義  2    民踊


盆踊りなどには 扇子 鳴子 などの
小道具を 手にとってもらいます

20170912  講義  5    民踊


この日は 会議室での授業です 
机を端に 椅子は壁に沿って並べ 
部屋の真ん中に 空き地? を作りました

次は 実際に 民踊を踊ります
初めに 福岡県の 「 炭坑節 」 
その前に 福岡県の位置 その時代背景や炭坑について
を学びます

20170912  講義  3    民踊


その次に 炭坑節の唄の意味の説明を聞いてから 
全員で読み上げます

20170912  講義  4    民踊


皆 立ち上がり輪になり 先生のフリを見ながら 
踊りますが 最初は 何だか戸惑っている様です

20170912  踊る  1    民踊


何回が練習すると 少し 笑顔も出てきました

20170912  踊る  2    民踊

20170912  踊る  3    民踊


ここで 恒例の 赤い法被を着て 踊ります

20170912  踊る  4    民踊

20170912  踊る  5    民踊


次は 「 東京音頭 」 です

20170912  踊る  6    民踊


踊る前に 手拭が配られました
グルグルと巻き 頭へ

20170912  踊る  7    民踊

20170912  踊る  9    民踊

20170912  踊る  8    民踊


法被 と 手拭 を着けて 

20170912  踊る  10    民踊

20170912  踊る  11    民踊

20170912  踊る  12    民踊


最後に 小倉先生が学生に 
自分の国のフォークダンスを 訪ねると

20170912  踊る  13    民踊

20170912  踊る  14    民踊


幾つかの国のダンスを 披露してくれました

アメリカは チャールトン

20170912  踊る  16    民踊


メモを取り忘れて どこの国か??
リクエストに 直ぐ踊れるなんて 凄い!!

20170912  踊る  15    民踊

20170912  踊る  17    民踊

20170912  踊る  18    民踊


記念写真

20170912  講義  7    民踊


何度か この授業を受けているのに
全く知らなかった事があります

盆踊りで 踊っている 東京音頭ですが
    もともとは 丸の内音頭 という曲名で 
    1932年 ・ 昭和7年 に作られ
    日比谷公園での盆踊り大会で 披露されたとの事
ただ 覚えていなかった のかもしれませんが・・・

今回 民踊を覚えた学生
来年の盆踊りには 尻込みせずに
是非 踊りの輪に加わって欲しい と思います


スポンサーサイト

コメント

こんにちわ

民謡… いいですねぇ。
外国人観光客が増えていて 日本文化が見直されているので 2020年のオリンピックに向け国を挙げて 民謡ブームを巻き起こして貰いたいものですね。

民謡はテンポが遅いので 外国の学生さんたちの受けは如何だったでしょうか…!
ねじり鉢巻や半纏や浴衣などは喜ばれるでしょうが…。

それにしても 祖国のダンスはそれぞれに生き生きして踊っていますね。
2017-11-14 15:05 | ジイジ #JnoDGgPo | URL [ 編集 ]

ジイジさんへ

民謡の内容や背景などを勉強した上で、先生が、振り付けのイメージを
分かり易く話をして下さいました。
踊りは、繰り返しが多いので、覚えやすかったかと思います。
学生が踊った祖国のダンスは、曲も無いのに、素晴らしかったです。
もし、海外で突然に、日本の踊りをリクエストされたとしたら、
披露できるものを持ち合わせていないので、どうしようかと思います。


2017-11-14 20:11 | 笑子(しょうこ) #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sashikoshishu.blog.fc2.com/tb.php/1059-53147b0f

 | ホーム |  page top