FC2ブログ

プロフィール

笑子(しょうこ)

Author:笑子(しょうこ)
笑子(しょうこ)
笑って毎日を過ごしたいと、気持ちを込めた名前です。
楽しみにと手仕事を始めました。
刺し子、刺繍とも、独学なので分からない事だらけ。
知識がない分、易しいステッチ(運針?)を中心に
デザインを楽しんでいます。


カレンダー(月別)

07 ≪│2018/08│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


お願い

当ブログ内のすべての [ 画像・内容・デザイン ] を無断で転載される事、無断のリンクは、ご遠慮いただいております。 素人ではありますが、心を込めてデザイン・作品制作の取り組んでおります。 ご理解をお願いいたします。

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

まとめ

山梨でワークショップ  篆刻と富士山


今週の前半 山梨へ行って来ました
何回かに分けて 紹介させて頂きます。

そこでは 素晴らしい
篆刻・古代文字・陶芸のワークショップと
人の 大きさと温かさ 優しさ
そして 美しい自然に 接する事もできました

山梨には
ボランティアをしている早稲田大学の授業に来て頂いている
古代文字の 福島美生先生のアトリエがあります

今回は アトリエでのワークショップに 参加できる
機会を作って頂きました

出発の日は 朝から雨が降り
普段のおこないが悪いのかしら と思いながら
山梨へ向かいました
途中の 道の駅などで 食材の買い込みをして 
アトリエへ向かいます

20170916  アトリエ  1    山梨にて


富士山が見えると伺っていたので 楽しみにしていましたが 
空を見上げると 全体が雲で覆われています

20170916  アトリエ  2    山梨にて


午後から ワークショップが始まりました

2階にある アトリエは 広い空間で 
両側に ガラス戸があり 明るい室内です

20170916  アトリエ  3    山梨にて


最初のワークショップでは 篆刻・てんこく 
を 教えて頂きました

事前に 篆刻に彫る 希望の文字を
美生先生が 字の意味とデザインを書いて下さっていました

お願いしたのは 勿論 名前の 笑子 の 「 笑 」
左側の文字です

20170916  篆刻  1    山梨にて


右の文字は 時間があったらと お願いしたのですが
一つ彫るのが 手一杯でした

彫る石を 台に固定し 反転した文字を写します

20170916  篆刻  2    山梨にて


文字が出る様に 文字の後ろを 塗り潰し
硬い石に 彫刻刀で彫ります
力を入れると滑ってしまい 加減が難しい

20170916  篆刻  3    山梨にて


印泥・いんでい を着けて 試しに押し 出来上りをみます

20170916  篆刻  5    山梨にて


鉛筆の所は 溝が浅く 線が細すぎる所 
線が出なかったり 細すぎて 後から詰まってしまうそうです 
再度 台にセットして 彫りを入れます

20170916  篆刻  4    山梨にて


何回か 修正をして

20170916  篆刻  6    山梨にて


彫りあがりました
左から 「 笑 ・ 知 ・ 良 ・ 千 」

20170916  篆刻  7    山梨にて


篆刻が終わった頃に 紫蘇ジュースの差し入れ
が ありました

アトリエのご主人で 陶芸家のT先生の手作りです
綺麗な色 良い香り ホンノリ甘く 
集中していた頭に栄養剤が 注入された気がします

20170916  篆刻  8    山梨にて


次には 古代文字を描くのですが 
その間も 気になる富士山の様子を 
窓から チラチラと確認しますが 雲に隠れています

20170916  富士山  1    山梨にて


所が 古代文字を書いている途中で 
富士山の様子が 変化していきました

20170916  富士山  2    山梨にて


一区切りついた所で お庭へ

20170916  富士山  3    山梨にて


頂上に笠を被り その下にかかった帯は 
何色かの色が ついています
手前の山にも 陽が当たってきました

20170916  富士山  4    山梨にて


笠に雲が 吸い寄せられている様に見えます

20170916  富士山  5    山梨にて


刻々と 空が 雲も富士山も 変化して行きます

裾野の左に見える 光っているのは
5合目の建物だそうです
地元の方でも 「 100年に一度! 」 と
驚く 富士山の景色です
   ( その方も見た覚えが無い という事です )

20170916  富士山  6    山梨にて


デジカメの倍率では これが精一杯

20170916  富士山  7    山梨にて


富士山が 赤く染まってきました

20170916  富士山  8    山梨にて


笠の上に 天使の羽の様な雲が覆っています

20170916  富士山  9    山梨にて

20170916  富士山  10    山梨にて



富士山と違う方向の空を見ると 
雲が綺麗に染まっています

20170916  富士山  11    山梨にて

20170916  富士山  12    山梨にて


ただただ 空と富士山を見続けていました
神がかる と言う言葉でも 現せない程の
素晴らしい景色 でした

雲の色は 幻想な雰囲気 
神々しく輝く 富士山
不思議な事に 自然と富士山へ 両手を合わせていました

20170916  富士山  13    山梨にて


この様な夕日を見ていると
昔の人が 何か起きるのでは? と
思ったとしても 不思議ではありません

この場に居合わせた事の幸せを ただ感謝しました

アトリエでの1日目 古代文字は 次回に紹介します


スポンサーサイト

コメント

笑こさん
こんばんは。
富士山素敵ですね。
私もこんなに素晴らしい色の富士山初めてみました。
先月日本に行った時、富士山が見えると言うお部屋に泊まったのですが、曇りで2日共見れませんでした。
やっぱり、普段の行いが、、、笑
2017-09-17 20:22 | ami #- | URL [ 編集 ]

こんばんは、笑子さん
篆刻はいかがでしたか 石は思っているより削れるでしょ
指を怪我しないようにね
慣れてきたら、今度は周りを削って文字が朱色になるように
彫ってみましょうか
2017-09-18 00:11 | ヨッシィー #- | URL [ 編集 ]

amiさんへ

何故か、富士山は、他の山とは思いが違うのです。
飛行機や新幹線から、少しでも富士山が見えると嬉しく思えるのですから。
普段の行いは、他の方々が、私の物を帳消しにする程、良いからなのです。
写真では現せない程、綺麗で神々しかったです。
今回の富士山と夕焼けは、一生忘れられないものとなりました。

2017-09-18 10:22 | 笑子(しょうこ) #- | URL [ 編集 ]

ヨッシィーさんへ

はい、石は硬いと思っていたのですが、削れるのですね。
ヨッシィーさんは、篆刻をされているのでしょうか。
石に彫るのは、初めてでした。
小さな面に、細く深く彫るのは、本当に難しかったです。
集中して彫るのは、楽しいですね。
また機会があれば、少しでも進歩できればと思っています。

2017-09-18 10:23 | 笑子(しょうこ) #- | URL [ 編集 ]

こんにちは、笑子さん
家内が書道をしていますので、習ったことはないのですが
篆刻したことがあります

今までに家内からの依頼で3つばかり彫りました

石を彫った仕上がりを見ると汚いのですが
印泥を付けて押してみるときれいに字が出ましたので
それで気を良くして作っています
2017-09-19 16:15 | ヨッシィー #- | URL [ 編集 ]

ヨッシィーさんへ

習わずに独学でマスターされたのですね。
素晴らしい、凄いですね。
初めてなので、石に刃を入れる時、滑る様でとても不安でした。
小さな石の面に、細い線を彫るのも難しかったです。
ご自分で、デザインも出来ると楽しいでしょうね。

2017-09-20 14:32 | 笑子(しょうこ) #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sashikoshishu.blog.fc2.com/tb.php/1045-82646b50

 | ホーム |  page top