プロフィール

笑子(しょうこ)

Author:笑子(しょうこ)
笑子(しょうこ)
笑って毎日を過ごしたいと、気持ちを込めた名前です。
楽しみにと手仕事を始めました。
刺し子、刺繍とも、独学なので分からない事だらけ。
知識がない分、易しいステッチ(運針?)を中心に
デザインを楽しんでいます。


カレンダー(月別)

05 ≪│2018/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


お願い

当ブログ内のすべての [ 画像・内容・デザイン ] を無断で転載される事、無断のリンクは、ご遠慮いただいております。 素人ではありますが、心を込めてデザイン・作品制作の取り組んでおります。 ご理解をお願いいたします。

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

まとめ

2017年・春学期  紋


ボランティアをしている 
早稲田大学の授業  
   日本の良さを知る 「 伝統文化を学ぼう 」

この日は 
  「  紋で遊ぶ ・ 学ぶ  」 がありました

講師は 紋章上繪師 ( もんしょううわえし ) の   
       波戸場承龍 ( はとば しょうりゅう ) さん
       波戸場耀次 ( はとば ようじ ) さん

20170820  講師  1    紋


講師に来て頂いている 講師のお二人は
毎回 素敵な着物です 
今回も 楽しみにしていました

息子さんの 波戸場耀次さんは 絹の生地に 網目模様

お父様さまの 波戸場承龍さんは
八重山上布を 黄色に染めて 穴が開いている所に 
「 蟻 」  の刺繍をしてあります

20170820  講師  3    紋


お仕事柄と言う事もあるのでしょうが
本当に  「 粋 」 と言う事を
実践していらっしゃる とても素敵な方々です

この日は 午前と午後の2コマは 同じテーマの授業 
写真は 二つの授業が 一緒となっています

大学の授業は 7月最後の週で 終わっています
講師の方に来て頂いく この学期最後の授業です

初めに 講義から
紋を描く所を ビデオを見ながら説明して頂き

20170820  講義  1    紋


その後に 実際に実演をして下さいました

20170820  講義  2    紋

20170820  講義  3    紋

20170820  講義  4    紋


教壇の上は狭く 何回かのグループに分けても
学生は 覗き込んでいます

20170820  講義  5    紋


そして 日本の紋 家紋の歴史や 特徴などの講義

海外では 特権階級で使われている紋ですが
日本では 家毎にある 紋で
それぞれの家に伝わる 「 家の印 」 となっているのです
また 家紋の種類は 沢山ありますが
植物を扱った紋が 多いそうです

次は 紋切形・もんきりがた について
江戸時代に 庶民が家紋を持つようになり
紙切り遊び として生まれたのが 紋切形

明治時代には 教科書にあったそうです

20170820  紋切形  1    紋


昔 むかし 見かけた様な気がします

20170820  紋切形  2    紋


さて 紋切形の基本の 五つ折 三つ折 を 教えて頂き
折り紙で 実際に折ってみます

20170820  紋切形  3    紋

20170820  紋切形  4    紋

20170820  紋切形  5    紋


折った折り紙を 型紙に合せて 切り抜きます

20170820  紋切形  6    紋

20170820  紋切形  7    紋

20170820  紋切形  8    紋

20170820  紋切形  9    紋


切った後 折りたたんだ折り紙を開く時は 慎重しないと 
細かい所もあるので 破れてしまいます

20170820  紋切形  10    紋


出来上った物は 色紙に貼り付けます

20170820  紋切形  11    紋


貼り付け方も 夫々違います
1枚だけでは無く 何枚も貼ったり

20170820  紋切形  12    紋

20170820  紋切形  14    紋


切り抜いた元の方だったり

20170820  紋切形  13    紋


同じ模様を切り抜いても 折り紙の色や模様
色紙への 貼り付けた方など 個性が溢れています

20170820  紋切形  17    紋

20170820  紋切形  18    紋

20170820  紋切形  19   紋

20170820  紋切形  20    紋


記念写真を 少し大きくして アップしましたが
全部の作品を 大きく紹介する事は出来ません

でも 見て下さい 
作品を持った 学生の笑顔が なんて素敵なのでしょう


スポンサーサイト

コメント

蟻んこを見つけて撮られた写真かと思ったら 刺繍をされているんですか おっ洒落ですね。

色紙で色んな家紋が作れるなんて 凄いですね。
型紙がなければとても作れないでしょうが 凄いテクニックですね。
こんな立派な家紋が出来上がれば 生徒さんたちは大興奮だったでしょう。

所で うちの家紋は何だった…ヶ!?
関心ないから忘れちゃいました。
墓石に刻んであるので調べてみなければ…!。

所で 先生の袖先の編籠!は
作業がし易いためのものなんでしょうか…!
それとも 涼を取り入れるためのものでしょうか…!
変なものが気になってすみません。
2017-08-21 13:25 | ジイジ #JnoDGgPo | URL [ 編集 ]

こんばんは。
国際色豊かな現場では言語は何だろうと何時も気にしています。
国内外の学生を問わず、一般の日本人以上に日本の伝統文化を
多く体感出来るのは羨ましくもありますね。
2017-08-21 17:43 | 東雲 #RaJW5m0Q | URL編集 ]

ジイジさんへ

毎回、波戸場先生は、お洒落な着物をお召しでいらっしゃいます。
今迄、スワロフスキーのクリスタルを使った輝いている紋、縦縞の西瓜模様の
着物に西瓜のタネ、背中に蚊取り線香の紋と着物に蚊の模様などと、驚きのもの
ばかりで、何時も楽しみにしています。

袖に着けているは、籐で作られていて、着物用のアームカバーの様な物で
腕抜き(うでぬき)と言うそうです。
汗でベタベタして着物の袖口が纏わりつきを防ぎ、涼しいとか、
着物を着る機会の多い、お寺のお坊さんは、使っているそうです。
留学生だけでは無く、日本人でも、普段では気がつかない、知らない事が多く、
勉強になります。

2017-08-22 11:05 | 笑子(しょうこ) #- | URL [ 編集 ]

東雲さんへ

コメントを有難うございます。
ボランティアとしてお手伝いしているのは、留学生を対象にした授業です。
先生や講師の方から、参考資料などで、英語のものが配布される事もありますが
基本は、授業の講義、質問なども、全て日本語です。
本当に日本人の学生にも、日本の伝統文化を体験して欲しいと思います。

2017-08-22 11:09 | 笑子(しょうこ) #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sashikoshishu.blog.fc2.com/tb.php/1038-31ce6ca3

 | ホーム |  page top