FC2ブログ

プロフィール

笑子(しょうこ)

Author:笑子(しょうこ)
笑子(しょうこ)
笑って毎日を過ごしたいと、気持ちを込めた名前です。
楽しみにと手仕事を始めました。
刺し子、刺繍とも、独学なので分からない事だらけ。
知識がない分、易しいステッチ(運針?)を中心に
デザインを楽しんでいます。


カレンダー(月別)

09 ≪│2020/10│≫ 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


お願い

当ブログ内のすべての [ 画像・内容・デザイン ] を無断で転載される事、無断のリンクは、ご遠慮いただいております。 素人ではありますが、心を込めてデザイン・作品制作の取り組んでおります。 ご理解をお願いいたします。

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

久々の文楽の後 皆でランチへ


文楽の後 皆でランチへ 繰り出しました (大袈裟ですが)
前もって 予約して下さったレストランのある 麹町まで歩きます

その途中で 懐かしい場所の前を通りました
昔むかし 勤めていた会社が入っていたビル なのです
でも 3か月しか在籍しなかったけれど・・・

20200929 インド料理 1  皆でランチ


もう少し歩いて 着きました
南インド料理のAJANTA です

20200929 インド料理 2  皆でランチ


お店の前に サンプルがありましたが お弁当でした
お手軽で 美味しそう

20200929 インド料理 3  皆でランチ


入り口の両脇には お店を護っている? 二つの像

20200929 インド料理 4  皆でランチ


あら 何を読んでいるのかしら?

20200929 インド料理 5  皆でランチ


2階に上がると 13時前なのに 席は 殆ど空いた状態でした
会社が多い地域なのに 外食は控えているのかしら?

20200929 インド料理 6  皆でランチ


窓からは 交差点が見えます

20200929 インド料理 7  皆でランチ


お料理は コースです
  サラダ

20200929 インド料理 8  皆でランチ


シークカバブ&チキンティッカ
  美味しかったけれど 結構辛かった

20200929 インド料理 9  皆でランチ


お好みのカレーと ライス or ナーン
  選んだカレーは 2種類に別れました
ほうれん草のカレー : 思っていたより 辛くはなかった

20200929 インド料理 10  皆でランチ


卵のカレー : 卵でマイルドになったそうです

20200929 インド料理 11  皆でランチ


勿論 カレーは美味しいけれど 特にナンが美味しかった

デザートの アイスクリーム と チャイは 写真を撮り忘れました

帰りに客席をみると 殆ど埋まっていました
皆さん 昼食時を避けているのかしら?

1階への階段の壁には 彫り物が掛かっていたのに
何と マルボケでした

20200929 インド料理 12  皆でランチ


余り長い時間ではないけれど
久々に会った方々と お喋りして 楽しかった!!

この日 サプライズが ありました

蒔絵の 長島先生から どれでも お好きなのを と 
中身の見えない袋が 渡されました

20200929 インド料理 13  皆でランチ


一つずつ頂いて 包みをあけ 3個を並べてみました
小振りの器に 蒔絵で猫ちゃんの絵が 描かれています

20200929 インド料理 14  皆でランチ


一つづつ 大きくしてみます
これは 猫ちゃんの お尻 可愛いですね

20200929 インド料理 15  皆でランチ


この猫ちゃん 思いっきり伸びて 気持ちよさそう

20200929 インド料理 16  皆でランチ


これは お昼寝でもしているのかしら?

20200929 インド料理 17  皆でランチ


思いがけない 素敵なプレゼントを頂き 感謝です

久々に 文楽をみて ランチを頂き プレゼントまで
と この夏 閉じこもっていた ご褒美かと思います

ご一緒した方々も お変わりなくて
楽しい時間を 過ごす事ができました

皆さんと コロナに気を遣う事が無く お出かけできる日が
早くおとずれます様に・・・


スポンサーサイト



久々のお出かけ 文楽へ


久々に 観劇へ 出かけました

国立劇場で 9月5日から22日までの期間に 開催されている
文楽・第1部へ 行きました

劇場の裏から 表へ回りますが 人を殆ど見かけません
手前が大劇場で 奥に小劇場があります 
大劇場では この日は 何も催し物が無いのですが
これほど 奥の端まで 見通せる事は ありませんでした

20200923 会場外 1   文楽


文楽がある小劇場に入る人も 何時より少ないのです

20200923 会場外 2   文楽


中へ入っても ロビーにいる人の数は 半分程に思えます

20200923 会場外 3   文楽


掲示されている「催し物ご案内」に 今回の演目の紹介もありましたが 
コロナに関係するものも

20200923 会場外 4   文楽


会場に入る扉の前にも 大きな案内が立てかけられています

20200923 会場外 5   文楽


座席は一つ置きで 「この席はご使用になれません」の張り紙で
座る事ができない様になっています

20200923 会場外 6   文楽

20200923 会場外 7   文楽


文楽は 大夫・三味線・人形遣いで 成り立ちますが
太夫・三味線が座る 「 床 」は 舞台右手にあります
この日は その前の座席は 空席のままでした
何時もは 人がいて憚られるのですが 傍まで行ってみました

左の白い緞帳は舞台で  奥の白い扉?が回転し 
太夫と三味線が出てきます

20200923 会場外 8   文楽


太夫が 床本・ゆかほん を置く 見台・けんだい 

20200923 会場外 9   文楽


床の右端から 写しました
お座布団の色が2種類 あるようです
太夫と三味線の お座布団の色が違うのかも??

20200923 会場外 11   文楽

20200923 会場外 10   文楽


今回の演目のパンフレット

20200923 会場外 14   文楽


演目の 一つ目は 「寿二人三番叟・ことぶきににんさんばそう」
五穀豊穣と 邪気を払う 意味が込められたもの
撮影は出来ないので パンフレットから 「人形のかしら」 で
この二人が登場します

20200923 会場外 17   文楽


次は 「嫗山姥・廓噺の段 / こもちやまんば・くるわばなしのだん 」
近松門左衛門の作品で 実際にあった仇討ちをもとにしたもの 
だそうです

かしらの写真は 二人は違う役ですが
右の美しい女性が 左の顔の鬼の様に 
一瞬にして 形相が変わる場面では ハッと 息を呑んでしまいました

その鬼女が 追ってきた侍達を投げ飛ばし 撃退する場面は
それは 凄まじいのです

20200923 会場外 18   文楽


人形遣い・太夫・三味線が一体となった文楽だからこそ
表現できるのでは と思いました

演目が終わると 「 三蜜 」 を避けるために
順番に案内されるまで 席で待ちます

20200923 会場外 12   文楽


帰りがけに 劇場の横から写したもの
遅く劇場を後にした訳ではないのに 人影がみえません

20200923 会場外 13   文楽


頂いてきた コロナ対処のパンフレット
よく見たら 可愛いので紹介します

20200923 会場外 15   文楽

20200923 会場外 16   文楽


暫くの間は 新しい鑑賞様式に慣れる事が 必要なのですね

観客は少なく 寂しい限りでしたが
久々の観劇は 本当に楽しかったです

春からは 家の事などや 色々な事で時間を潰していましたが
やはり 文化の香りに 飢えていた事がわかりました


東京・練馬区に こんな所が! その二


移動の途中で見かけた 東京ワイナリー 

20200817 途中で 1  練馬区にて


ワインを売っている酒屋さん かと思ったら
ここで ワインの製造をしている との事
東京初となるワイナリーで 練馬で採れたぶどうを
店内奥で 醸造しているそうです
残念ながら 閉まっていました

次も 途中で 立ち寄った所
JA東京あおば の こぐれ村
練馬区で採れた 新鮮な野菜などが 販売されています
残念ながら 午後だったので 野菜類は少なくなっていました

20200817 途中で 2  練馬区にて


練馬区は 東京近郊ということで 野菜などを作っている
農家が多くある様です

練馬区の農業と言うと 
むかし昔の事 ピチピチとしていた若かりし頃
兄弟から 足を 練馬大根 と からかわれたのを思い出します
    東京で暮らしていた方にしか 通じないかもしれませんが・・・

この後 ブルーベリー摘み取り農園へ 向かいます
この農園 「A加藤農園」 は 大きなケヤキが目印です

20200817 ブルーベリー 1  練馬区にて


そのお宅の横を行くと 

20200817 ブルーベリー 2  練馬区にて


辺りの様子が 違ってきます
ブルーベリーの旗がたっています

20200817 ブルーベリー 3  練馬区にて


先を行くと 青いネットで囲われた間の小屋で 受付をします

20200817 ブルーベリー 4  練馬区にて


予約時間より 少し早めに着いたので 
小泉牧場の名物 搾りたてミルクで作った アイスミルクを
頂きました
丁度 スプーンが入る柔らかさになっていました
余りくどくなく サッパリとして 美味しかった

20200817 ブルーベリー 5  練馬区にて


この農園には 幾つかの青いネットがあるので
少しづつ 巡ってみようかと思います

ブルーベリー摘みに 初挑戦です
摘み取る篭を受け取り 虫よけスプレーをかけました

20200817 ブルーベリー 7  練馬区にて

20200817 ブルーベリー 6  練馬区にて


とのネットでも 中へ入ると小道が数本あり 
その両脇に ブルーベリーの木が植えられています

20200817 ブルーベリー 8  練馬区にて


ブルーベリーの実は 緑色から あの濃い紫色になると
思っていたのですが 途中ピンク色になるのですね

20200817 ブルーベリー 10  練馬区にて

20200817 ブルーベリー 9  練馬区にて


「 耳たぶと同じ位のやわらかさの実が食べ頃 」 と教わり
濃い紫色の実を摘んでいきます

20200817 ブルーベリー 11  練馬区にて


幾つかのネットを周りました
何種類もの品種があるそうですが 実を採るのに夢中で
分かりませんでした

20200817 ブルーベリー 12  練馬区にて


下を見ると 実が沢山落ちています
綺麗な色をしています 
思わず拾いたくなります

20200817 下を 2  練馬区にて


その実が目当てか 昆虫類もいます
それに加えて 蚊もいました

20200817 下を 1  練馬区にて


帰りは 違う細い道を通り 来た時の道路に出ましたが
この細い道も 道路にも 新しい住宅が立ち並んでいます

20200817 下を 3  練馬区にて


また大きなケヤキを 全体を違う方向で写したいと
横道へ回りました
農園のある辺りは 住宅が建て込んでいます

20200817 ブルーベリー 13  練馬区にて


先の道を見ると 何とバッティングセンターが現れました

20200817 ブルーベリー 14  練馬区にて


今は 周りが住宅地となっていますが この大きな敷地 
ここは昔 農地だったのではないでしょうか?
23区内で 農地や畑のある事は よそ者にとっては
とても嬉しい事なのですが・・・

持ち帰ったブルーベリーは ヨーグルトと一緒に頂きました

今年は長雨で 甘さが少ないとか
でも 自分で摘み取った実は 美味しい味がしました
梅雨明けしてから 太陽が降りそそいでいる今頃だったら 
きっと もっと美味しかったかもしれません

20200817 ブルーベリー 15  練馬区にて


練馬区では ブルーベリー観光農園が 30園もあるそうです

また機会があれば 再度行きたいと思いました
今回 色々手配してくれた友人に 感謝です

遠方に行くには 難しい時期 
23区の内で 近い所でも まだまだ知らない所の多い事

近場巡りを 楽しみに出来れば と思います


東京・練馬区に こんな所が!  その一


練馬区は 東京23区 の一つです

7月最後の日 梅雨明け宣言の前日に
練馬区在住の友人が 東京では珍しい所へ と案内してくれました

待ち合わせ場所は 埼玉県の 東武東上線・和光市駅 です
駅からの階段には
   和光市は 東京2020東京オリンピック・パラリンピック
   競技大会の射撃競技開催会場です
と 表示が出ていました

20200812 和光駅  1  練馬区にて


数年前に訪れた時は 駅ビルの改装前の事で 
改装後 初めて降りました

早目に着いて 駅・南口の周りを ウロウロしてみました

広場には 時計台 と その下に「靴が鳴る」の歌碑があります
その手前に 新しく案内板が出来ていました

20200812 和光駅  2  練馬区にて


裏側には 「元素周期表」 が ありました
この記号 苦手な物の一つで チンプンカンプンなのです

20200812 和光駅  3  練馬区にて


新しくできた駅ビルを 横に辿って行くと
初めに 元素記号 1番として 「 H 」 の プレート

20200812 和光駅  5  練馬区にて


その先に 2番 3番 と 続いています

20200812 和光駅  4  練馬区にて


和光市駅を 最寄駅としている 理化学研究所が発見した 
113番の新元素 「Nh」・ニホニウム までの 113枚を 
和光市駅と 理化学研究所を結ぶ歩道に 路面板を
設置したそうです
広場の周りを 途中まで 見てみました

20200812 和光駅  6  練馬区にて

20200812 和光駅  7  練馬区にて


さて 今日のランチは 前にも行った事がありますが
大泉町にある 一軒家イタリアン「 La毛利 」
ランチの開店時に合わせて 予約を入れてくれました

駐車場からは 広がる畑を 見ることが出来ます

20200812 ランチ  1  練馬区にて


その横に 入り口

20200812 ランチ  3  練馬区にて


店内の窓からも 農園を見渡せます

20200812 ランチ  2  練馬区にて


勿論 ここで採れた新鮮な野菜を 頂く事ができます

20200812 ランチ  4  練馬区にて


パスタも 美味しかった

20200812 ランチ  5  練馬区にて


デザートは 煮たリンゴもサッパリとして 美味しく頂きました

20200812 ランチ  6  練馬区にて


数年前に訪れた時には 
天井からのハムが吊り下げられ 採れたての野菜も 
売っていたのです
残念ながら 今回は ありませんでしたが
美味しかった自家製のパンは 買う事ができました

ランチを頂いた後 移動します

着きました
大きなイチョウの木が 目印です

20200812 牧場  1  練馬区にて


ここは 練馬区大泉学園町にある 小泉牧場
東京都区内に たった一軒残る 酪農家です

20200812 牧場  2  練馬区にて

20200812 牧場  3  練馬区にて


牛舎に近づくと はい 特有の匂いがします

昔は 練馬区にも 二十数軒あった酪農家が
だんだんと 周りが宅地となり 臭い・汚い と 苦情がきて 
1軒に なったそうです

今は 地域の人達や 小学校との交流から 
子供達などが 牧場の見学や体験学習もしている 学びの場に 
なっているそうです

20200812 牧場  6  練馬区にて

20200812 牧場  7  練馬区にて


カメラを向けても 気にもせず
牛さん達は 食べるのに忙しそう

20200812 牧場  5  練馬区にて

20200812 牧場  4  練馬区にて


農園レストラン 牧場 と 回りました

都心から こんな近い場所 しかも 東京23区にあるとは 
思ってもみませんでした

次に 続きます


佐伯祐三 アトリエ記念館


区や民間が運営している 小さな美術館に 
行ってみたいと思っていました

その一つが 佐伯祐三・さえきゆうぞう のアトリエ記念館
このパンフレットは 数年前から 保管していたもの

20200712 アトリエまで 10  佐伯祐三

20200712 アトリエまで 11  佐伯祐三


漸く 解禁? となったので 行く事にしました

目白通りから 聖母坂通り へ 入ります

20200712 アトリエまで 2  佐伯祐三


通りの上に 案内矢印が出ているので大丈夫

20200712 アトリエまで 3  佐伯祐三


と 思ったけれど 
こんな住宅街の中に??と 不安になります

20200712 アトリエまで 4  佐伯祐三


路地を行くと パンフレットで見た 家では?

20200712 アトリエまで 5  佐伯祐三


ウロウロして 漸く 着きました 
      本当は近いのだけれど・・・

20200712 アトリエまで 6  佐伯祐三

20200712 アトリエまで 7  佐伯祐三

20200712 アトリエまで 8  佐伯祐三


中は 木々が繁っています
左手奥に見えるのが 管理室
管理の方が出てきて 見学なら と
検温と 用紙:連絡先・名前住所など を手渡されました

20200712 アトリエまで 9  佐伯祐三


記念館の案内図が ありました

20200712 記念館  1  佐伯祐三


右側にある数段の階段を上ると ご本人の お出迎え

20200712 記念館  2  佐伯祐三

20200712 記念館  3  佐伯祐三


部屋は広くありませんが 天井が高く 空間が広く感じます
壁には 年表と 描いた絵の写真など

20200712 記念館  4  佐伯祐三

20200712 記念館  5  佐伯祐三

20200712 記念館  6  佐伯祐三

20200712 記念館  7  佐伯祐三

20200712 記念館  10  佐伯祐三


佐伯祐三は 夭折の天才画家と言われましたが 30歳で亡くなり 
作品が少なく 数点の絵を本などで 数点しか知りません

自画像 と 写真
そして デスマスク

20200712 記念館  8  佐伯祐三

20200712 記念館  9  佐伯祐三


入り口の近くには 絵画や短い人生を 解説したビデオ

20200712 記念館  11  佐伯祐三


お子さんを亡くした事 
洋画家の奥様がいらっしゃった事は 知りませんでした

次は お隣の小部屋へ 行きます

20200712 記念館  12  佐伯祐三

20200712 記念館  13  佐伯祐三

20200712 記念館  14  佐伯祐三


奥さん・佐伯米子の絵 「 エリカ 」 が ありました

20200712 記念館  15  佐伯祐三


この旧居と復元の図が 飾られています

20200712 記念館  16  佐伯祐三

20200712 記念館  17  佐伯祐三


ここでも VTRを ゆっくりと 一人で見る事ができました

今のこの辺りは 住宅が建て込んでいますが
大正末から昭和初期の 新宿・下落合の自然に溢れる 
絵や写真に 驚きました

平日のお昼前で 見学者は他に一人と すれ違っただけでした
お陰で 気を遣わずに VTRを見たり 
余り広いとは言えない空間ですが 外のベンチで 
ユッタリとした時間を 過ごすことが出来ました

小さな記念館でしたが 
作品を見る事に 期待するのではなく
生きてきた その人の周り を 感じる事が
少しできた様に思います


 | ホーム |  » page top