プロフィール

笑子(しょうこ)

Author:笑子(しょうこ)
笑子(しょうこ)
笑って毎日を過ごしたいと、気持ちを込めた名前です。
楽しみにと手仕事を始めました。
刺し子、刺繍とも、独学なので分からない事だらけ。
知識がない分、易しいステッチ(運針?)を中心に
デザインを楽しんでいます。


カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


お願い

当ブログ内のすべての [ 画像・内容・デザイン ] を無断で転載される事、無断のリンクは、ご遠慮いただいております。 素人ではありますが、心を込めてデザイン・作品制作の取り組んでおります。 ご理解をお願いいたします。

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

まとめ

蒔絵展へ


青山で 開催されていた 
   蒔絵展 2017
      眞扶・祥幹・スタジオ祥幹生徒作品
に 伺いました

20160622  会場  1   蒔絵展


会場は ふくい南青山291 福井アンテナショップの2階です

20160622  会場  2   蒔絵展

20160622  会場  3   蒔絵展


会場は 左手が 
祥幹先生や 各教室の方々の作品

20160622  会場  4   蒔絵展


真ん中には 蒔絵体験コーナー

20160622  会場  5   蒔絵展

20160622  会場  6   蒔絵展


初めに 早稲田大学の授業に 講師として 
来て下さっている 祥幹先生の作品から

琵琶

20160622  先生  1   蒔絵展


授業に ご一緒に来て下さっている方々の作品
長島先生

20160622  先生  2   蒔絵展


松島調・なり さん  

20160622  先生  3   蒔絵展


教室は 青山の他に 横浜・深川があり
沢山の作品が並んでいました

20160622  作品  1   蒔絵展

20160622  作品  2   蒔絵展


兎に角 凄いです
皆さん 何年位 学んでいらっしゃるのかしら?

全部の作品を紹介出来ないので
何時もの独断と偏見で 目に留まったもの

20160622  作品  3   蒔絵展

20160622  作品  4   蒔絵展

20160622  作品  5   蒔絵展


スタッフの方に 質問をしていたら
その方は 生地から作っている と 
画像を 見せて下さいました

20160622  作品  7   蒔絵展


左上の 桶を作っている写真
右の筒状のものは 竹からできているとの事

20160622  作品  6   蒔絵展


先生方の作品は 右手に展示されています
沢山の作品の中から 可愛い絵柄
小箱・虫の行列

20160622  先生  4   蒔絵展


狐の嫁入り

20160622  先生  5   蒔絵展


これは 何?
自然の葉 と書いてあります

20160622  先生  6   蒔絵展


光っていて見ずらいですが テントウムシ と クワガタ

20160622  先生  7   蒔絵展


葉脈もハッキリとしていて 本当に 葉っぱ
表面は 艶があり 横からみると 厚みも少しあります

20160622  先生  8   蒔絵展


これは 朴葉・ほうば の銘々皿
厚みは薄く 葉脈がハッキリと見えます
写真は撮れませんでしたが 裏も葉脈が出ています 

20160622  先生  9   蒔絵展

20160622  先生  11   蒔絵展


お茶碗を置く 円もついて 少し反り返っています

20160622  先生  10   蒔絵展


祥幹先生に 伺う事ができました
葉の間に 麻布と漆などを混ぜたものを 挟み
乾ききらない内に 型に入れるそうです

長島先生のご主人の作品
蒔絵展の葉書にも 紹介されています

20160622  作品  8   蒔絵展


最後に 長島先生の小学3年生のお孫さん の作品
猫と花が 可愛らしい!!

20160622  作品  9   蒔絵展


他の作品も同じですが 写真の腕が悪い上に 
窓が多く 作品に 光が漆に反射して 
上手く写せておりません 残念です

説明をして下さった スタッフの方は
   仕事を止めて暇になったから と 
お話しをされていましたが
時間があるから だけでは 出来るものではありません

蒔絵は 素人には分かり難いけれど 幾つもの技法があり
その一つ一つを 自分のものにしていく と聞いています

蒔絵が好きな事が 一番かと思いますが
それに加えて 打ち込む情熱と エネルギーが必要です

それにしても 皆さんの レベルが高すぎるのでは!!


スポンサーサイト

表参道・青山で ランチ


また 久しぶりの場所へ 出かけました
仕事をしている時も 余り縁が無い場所でした
表参道・青山です

渋谷から 青山学園大学の手前までは 行くのですが
表参道へは 年振りになるのかしら?

昔 お上りさん と言う言葉がありましたが
ピッタリと 当てはまります

待ち合わせは 青山通り 青山スパイラルの前

20170618  通り  2   表参道

20170618  通り  1   表参道


斜め向かいの 紀伊国屋 
立派なビルに 建て替えられていますが
昔の面影が 頭に残っていて・・・

20170618  通り  3   表参道


さて ランチです
正面が渋谷方面 角を左手に曲がった 骨董通りを進みます

20170618  通り  4   表参道


少し先へ行き 右手に曲がった所にある
   レストランSILQ・シルク
友人が 予約してくれていました

20170618  レストラン  2   表参道

20170618  レストラン  3   表参道

20170618  レストラン  4   表参道


ランチSILQコースを 頂きました
5品の紹介です

冷前菜
   能登直送の鮮魚と彩り野菜のマリネ
材料が見える様に お皿の後ろ側から
トウモロコシのプリンは ポタージュを固めた様

20170618  お料理  1   表参道

20170618  お料理  2   表参道


温前菜
   新玉ねぎと天使の海老のブルーテ
野菜の切り方が 可愛らしい

20170618  お料理  3   表参道


メインのお料理
   宮崎県産・森林鶏のシードル酒香るロースト
柔らかく 皮の下に ハーブが挟んでありました

20170618  お料理  4   表参道


お米料理
   五穀米と粒貝の焼きリゾット
蟹の風味のスープの中に 小さな小さな焼きおにぎり
が 置かれています
リゾットを纏めて 周りのチーズを焼いた おにぎり
濃厚なスープと一緒に味わう というお料理
初めて頂きました 美味しかった
出来れば もう一回り 大きなおにぎり だと
嬉しいのですが 欲張り過ぎでしょうか

20170618  お料理  5   表参道


デザートとコーヒー

20170618  お料理  6   表参道


この日は トウモロコシの甘みを生かしたお味が 
何皿かに生かされて 美味しかったです
このお店のフランス料理も 驚きのメニューで楽しく 
優しい味で 美味しく頂きました

20170618  レストラン  1   表参道


お出かけの目的は もう一つありました
骨董通りから 生け花・小原流会館の横を入った所にある 
グラッセリア青山 です

入り口に 大きな石の歯が ズラリと並んでいます
恐竜の歯? と 卵?

20170618  福井ショップ  1   表参道

20170618  福井ショップ  2   表参道


ビルの入り口には 恐竜??
何かに 因んでいるのかしら?

20170618  福井ショップ  3   表参道


この正面の ふくい南青山291の 
2階で開催されている 蒔絵展へ 伺いました

20170618  福井ショップ  4   表参道


早稲田大学の授業に来て頂いている 
松田祥幹先生や その教室の方々の作品展です

この内容は 次回に 紹介したいと思います


軽井沢 緑と色々


前回は 食べ物中心となりましたが 
軽井沢は 人が少なく 緑の綺麗な季節 でした

夜中 雨が窓をたたき 雷の鳴る音で目が覚めました
明けた朝は 太陽が 緑を輝かせていました

20170611  緑  2   軽井沢


ホテルの庭も 緑の中に 埋もれている様です

20170611  緑  1   軽井沢

20170611  緑  3   軽井沢

20170611  緑  4   軽井沢


別荘地の緑も 見たくなって
朝食前に 自転車で一回りしてきました

20170611  緑  5   軽井沢

20170611  緑  6   軽井沢


木々の緑も苔も 生き生きしている様にみえます

20170611  緑  7   軽井沢

20170611  緑  8   軽井沢


小さな川の水にも 緑が写っています

20170611  緑  9   軽井沢


上を見上げたら 藤の花
自然のもでしょうか 

20170611  緑  10   軽井沢

20170611  緑  11   軽井沢


旧軽井沢通りへ出ましたが 朝早いから
殆ど 人に会う事は無く 閑散としています

20170611  緑  12   軽井沢


昼間の様子は 季節外れと言っても 人は流れています

20170611  旧軽通り  1   軽井沢


旧軽井沢通りは 古くからかるお店も 
外観は変わらないけれど 建て替えた所 と 様々

20170611  建物  2   軽井沢

20170611  建物  3   軽井沢


閉まってしまったお店も 何店舗か目につき
避暑地での厳しさでしょうか

20170611  建物  4   軽井沢


旧軽井沢通りを見渡せる所で 見つけました
人力車も 走っています

20170611  旧軽通り  2   軽井沢


ワンちゃんとの散歩に 頻繁に出会いました
軽井沢に 住んでいる方も 多いのでしょうか
初めは カメラを用意していると 
間に合わず いなくなったり 
カメラを出していても 後ろ姿しか撮れずに・・・

20170611  ワンちゃん  1   軽井沢

20170611  ワンちゃん  2   軽井沢


今度は 声を掛けて 写す事にしました
その内の何枚かですが

20170611  ワンちゃん  3   軽井沢


名前を聞くと パスタちゃん
なかなか こちらを向いてくれませんでした

20170611  ワンちゃん  4   軽井沢

20170611  ワンちゃん  5   軽井沢


通り沿いには 何か所か お花が植えられて
綺麗に咲いていました

20170611  旧軽通り  3   軽井沢

20170611  旧軽通り  4   軽井沢


こんな おもちゃ?も 見つけました

20170611  旧軽通り  5   軽井沢


本物の火が出ている様にみえます
ここは レストランの入り口
営業中のお知らせ なのかしら?

20170611  旧軽通り  6   軽井沢


余り予定をたてずに 出掛ける事も良いものですね
今回は ジャムだけが目的で 出掛けました

ツアーで行くと 数十分単位で 移動する事も多く
自由に時間を使う事が難しく 残念に思う事もあります

自分たちで行く事と 時間を気にせずに 行動できます

予定の無い時間を 好きな様に使う事が
贅沢な時間の使い方の一つ だと思えました


ジャムが欲しくて


桑の実のジャムが食べたい と 「 声 」 がしたので
それならば 買いに行きましょうか? 
という事で 軽井沢へ向かいました

前回 軽井沢へ来たのは 6・7年程前にも なるでしょうか
その時は 軽井沢駅の南側を中心に 歩き回りました
今回は 北側の旧軽井沢方面へ 行きます

駅の改札口を出た横の壁に 
新幹線開業一周年記念の 軽井沢彫のプレート

20170608  駅から  1   軽井沢


駅から軽井沢通りを 歩きますが 
昔 5月の連休に来た時でも もう少し人がいたかと
記憶しているけれど それ以上に 人の姿もマバラで 
夏場の賑わいは無く 不思議な感じがします

20170608  駅から  2   軽井沢


軽井沢本通りを歩くと 昔は見かけなかった 
通りに面して リスのオブジェが 幾つもありました
軽井沢彫で 作られているのでしょうか

20170608  駅から  3   軽井沢

20170608  駅から  4   軽井沢


先へ行っても 人の姿は まだまだ少なく
夏の混雑時からは 考えられません

20170608  駅から  6   軽井沢


泊まるホテル 旧軽井沢ホテル音羽の森 へ

ロビーにいる マスコットの 羊さんご一家

20170608  駅から  5   軽井沢


このホテルは フランス料理が美味しいと聞いています
夕食が楽しみでした
野菜も含めた 材料の名前の説明 を聞いたのですが
メモを取らないと忘れてしまう 悲しさ!!! 
写真だけですrが・・・

一口の前菜

20170608  夕食  1   軽井沢


前菜2品

20170608  夕食  2   軽井沢

20170608  夕食  3   軽井沢


スープ

20170608  夕食  4   軽井沢


魚料理

20170608  夕食  5   軽井沢


肉料理

20170608  夕食  6   軽井沢


デザート
コヒーと 小さな焼き菓子
トップの方は 食べてしまってから 撮りました

20170608  夕食  7   軽井沢


付け合わせの野菜は 茹で方 焼き方も美味しく
ソースも アッサリとして 柔らかな味でした
フルコース完食 できました

翌日の 朝食は 和食を選び 新館に

20170608  朝食  1   軽井沢

20170608  朝食  2   軽井沢


小皿で種類が多く 目の前で焼いた 金目鯛の干物もついて
後は 果物がついて

20170608  朝食  3   軽井沢

20170608  朝食  4   軽井沢


さて 本題に
軽井沢へ行った目的は 桑の実のジャム です
余り真剣に探し回った事は ありませんが
他では 余り見かけた事がないのです

熊本で育った人が 子供の頃 
     桑の実を食べた事 
     桑の実のジャムの話が 教科書にあった
と 懐かし思い出が 桑の実のジャムに 重なるようです
残念ながら 都会生活しか経験がないので
ただただ 羨ましい限り と思っています

20170608  ジャム  1   軽井沢


勿論 他にも 連れ帰ったものがあります

お店のご主人が 生地や漆の事を 説明してくださいました
毎日 使っているので そろそろ買い替える時期かと
丁度 思っていたのです
このお椀は 漆塗りでも 扱いが簡単で
それに加えて 半端物らしく お値段が 
お手軽と言う以上に 驚くほど お安くて・・・

20170608  ジャム  3   軽井沢

20170608  ジャム  2   軽井沢


これは マグカップ
アウトレットで 求めたものですが
これも 何と 3桁のお値段です

20170608  ジャム  4   軽井沢


母から 
     「  安物買いの銭失い 」 
と 言う言葉を 教わりましたが 
    何処へ出かけても 
    何を見ても
どうしても 価格に目が眩んでしまいます

失敗した事も 沢山あるのに 
学習できていないのは 意志が弱い からなのでしょうか


ファミリーバザール


週末に行われている ファミリーバザールへ
行ってきました

途中 バスの中から見えた お神輿

20150520  祭  1   岩本町

20150520  祭  2   岩本町


伊勢丹前で 降りてから 後ろを見ると 
別のお神輿も

20150520  祭  3   岩本町


帰ってきてから調べると
新宿5丁目にある 花園神社の お祭りでした

さて 出掛けた場所は 神田にある 岩本町
会場の 柳原通りの入り口で 
お店の紹介が載っているチラシ を貰いました

20150520  チラシ  1   岩本町

20150520  チラシ  2   岩本町


下半分が お店の名前を紹介したスペース
こんなに 沢山のお店 
ざっと数えても180店舗以上は あるでしょうか
これでは 何がなんだかわからないので
兎に角 通りを歩く事にしました

20150520  チラシ  3   岩本町


通りの上には 大きな垂れ幕が かかっていました

20150520  通り  1   岩本町


昨日 TVで紹介されていたので 
人混みは 覚悟の上でしたが 
その上に お天気も良かったからでしょうか
沢山の人だらけ

20150520  通り  3   岩本町


遠くの垂れ幕まで お店が続いているようです

20150520  通り  2   岩本町


大通りの横には 細い道が何本か ありますが
その道にも お店も 人も イッパイ

20150520  通り  4   岩本町


この辺りは 
江戸時代には 古着屋が多く集まっていたそうで
戦後は 紳士服や婦人服を中心とする 
繊維メーカーや 問屋街として 復興してきたそうです

洋服類 紳士・婦人服から子供服などが 
多く目につきました

20150520  衣服  1   岩本町

20150520  衣服  2   岩本町


でも 出店しているのは 生地・洋服ばかりでは ありません
食べ物から

20150520  食べ物  1   岩本町


雑貨類
フィギュア や お鍋まで 色々

20150520  雑貨  1   岩本町

20150520  雑貨  2   岩本町

20150520  雑貨  3   岩本町

20150520  雑貨  4   岩本町


結局 自分のものは 何も買わずじまいでしたが
見ているだけでも 楽しいものです

若い時は 洋服メーカーのバーゲンに 行ったけれど
もう 体力もない上に 来て行く所も限られてしまい
昔の様に 目的の物に 突進する事はなくなりました

安いからと 衝動買いする事は 少なく無くなってきた様です
  ・・・ いいえ ハギレを見た時は 別でした

無駄遣いが 無くなってきて 良い事なのですが
何となく 寂しい気持ちもするのは 何故なのかしら?


 | ホーム |  » page top