プロフィール

笑子(しょうこ)

Author:笑子(しょうこ)
笑子(しょうこ)
笑って毎日を過ごしたいと、気持ちを込めた名前です。
楽しみにと手仕事を始めました。
刺し子、刺繍とも、独学なので分からない事だらけ。
知識がない分、易しいステッチ(運針?)を中心に
デザインを楽しんでいます。


カレンダー(月別)

01 ≪│2018/02│≫ 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


お願い

当ブログ内のすべての [ 画像・内容・デザイン ] を無断で転載される事、無断のリンクは、ご遠慮いただいております。 素人ではありますが、心を込めてデザイン・作品制作の取り組んでおります。 ご理解をお願いいたします。

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

まとめ

神田川へ リハビリ?


週末 リハビリと思い 神田川を 短い時間だけれど 
散歩に出かけました

神田川のお隣に 新しいビルが 建っています

以前あったビルの取り壊しが始まったのは 2015年5月頃でした
茶色と奥の白いビルの3棟です

20180212  ビル  1    神田川で


昨年の秋には ほぼ外観が完成していましたが
玄関前には まだ 名前のプレートもありません
大きな5階建てのビルですが 細かく仕切られているので
1ルームにでもなるのかしら? と思っていました

20180212  ビル  2    神田川で

20180212  ビル  6    神田川で

20180212  ビル  7    神田川で


今回 ビルの前を通った所 こんな張り紙が出ていました

20180212  ビル  5    神田川で


近くのお店の方に伺うと 
留学生の寮で 1階に食堂と寮母さん? の部屋があるとの事でした

裏口へ回ってみると 建物が重なっていて 良く分かりませんが
5階建てなので 部屋の数は 200室位は あるかと思います

文学部 理工学部は 少し遠いけれど
ここなら 大学まで近くて便利に違いありません

20180212  ビル  4    神田川で


神田川の桜並木も 見る事ができる1階は 多分食堂なのかしら?

20180212  ビル  3    神田川で


古いビルには 幾つかの会社が 入っていました
何店舗かあったドラッグストアの本部は 買収されました
あるブランドを扱っていた商社は 数回ですが
ここで開かれた セールに行きました 
今はどうなっているのかしら?

住んでいる街の近くでも 何年もすると変わるものだ と
街の変化を思いながら 神田川へ出ました

桜の木が 何か所かで 枝が折れています
神田川の桜の木は もう老木に近いと思います

20180212  桜  1    神田川で

20180212  桜  2    神田川で

20180212  桜  3    神田川で


1月中旬の 雪の影響だったのかしら?
まだ 折れている細い枝が 下に落ちたままです

20180212  桜  4    神田川で


先を行くと
あら! 鳩が桜の木で 日向ぼっこ しています
左下に 1羽見えます

20180212  鳩  1    神田川で


こちらの木でも 

20180212  鳩  2    神田川で


少し大きく写して

20180212  鳩  3    神田川で

20180212  鳩  4    神田川で


こちらでは もっと鳩が 並んでいます

20180212  鳩  5    神田川で

20180212  鳩  6    神田川で


神田川を覗き込むと 桜の枝の先が ほんのチョッピリと
膨らんでいる様な? 気がしますが・・・

20180212  桜  5    神田川で


毎年 この寒い時期に 桜の木を眺めて
もう少し もう少し と 春を待ち望んでいます

20180212  桜  6    神田川で


神田川の護岸は 人口のものだけれど
神田川沿いにある桜並木 お庭や公園 社寺など
都会にしては 緑が多く残っているのでは と思います

ビルなどの建物は 新しく建て替えられ 
道路も 拡張される事もありますが
この小さな自然は 残して欲しいと願っています


スポンサーサイト

1日だけの雪の世界


東京に 雪が積もりました
積雪は23cmで 4年振りの事だとか 

この日は ボランティアで 早稲田大学へ行く日です
朝 出かける時は 霙 ・ みぞれ の様な降り方でしたが
お昼の時間に 外へ出ると 雪が積もってきていました

昼食の後 大隈庭園の方へ出てみると 墨絵の世界です

20180124  校内  1    雪の日

20180124  校内  2    雪の日

20180124  校内  3    雪の日


寒そうだけれど 緑の葉と赤い花に 白い雪が 綺麗

20180124  校内  4    雪の日


雪だからでしょうか 大隈庭園は 閉鎖していました

20180124  校内  5    雪の日


大隈講堂への道 何時もとは 違う景色に見えます

20180124  校内  6    雪の日

20180124  校内  7    雪の日


17時過ぎ 午後の授業が終わり 外へ出てみると
グランド坂下へ続く道は 白く覆われていました

20180124  道  1    雪の日

20180124  道  2    雪の日


雪掻きかしら
雪の降る中 小柄な人影が 

20180124  道  3    雪の日


親御さん一緒の 雪遊び? お手伝い? 
楽しそうです

20180124  道  4    雪の日


新目白通りに出て 都営荒川線の駅前

20180124  道  5    雪の日


神田川の桜の木にも 雪がつき始めています

20180124  道  6    雪の日


橋の上で 楽しそうな親子
雪だるまでも 作るのかしら?

20180124  道  7    雪の日


雪は 路地にも 降り積もってきました

20180124  道  8    雪の日


その数時間後 午後9時過ぎ 
グランド坂下の道は 更に雪が積もっていました

20180124  道  10    雪の日


白くなった 都電荒川線の早稲田駅 
車も白い雪乗せて

20180124  道  11    雪の日


暗くなった 神田川 
向う岸に見える木は 桜が咲いた様に見えます

20180124  道  12    雪の日


川の岩も 雪がつきはじめました

20180124  道  13    雪の日


神田川沿いの道も ヒッソリ
足跡の上にも 雪

20180124  道  14    雪の日


人が通る気配も無く 車の轍 ・ わだち にも 雪がつもり 

20180124  道  15    雪の日


そして 翌日は お天気になりました

神田川の桜の木の雪は 殆ど消えていました

20180124  道  16    雪の日


都営荒川荒川線の駅前 道路は雪がとけだしています

20180124  道  17    雪の日


恐る恐る ゆっくりと歩いた お蔭でしょうか 
慣れない雪道 滑って転ばずにすみました

北国の方には 申し訳ないけれど 1日だけの冬景色 
寒かったけれど 1日だけだから と楽しみました


2017年 年の瀬に


今年も 後僅か1日 となりました
北国の方には 申し訳ないけれど
昼間も10度に届かない日が多くなり 
寒い日が 続いています

この年の瀬に 所用がてら 散歩をしました
道から見える所にあった 柿の木
樹のカタチが良く 思わずカメラを向けました 

20171231  街の様子  1   年末に


葉がすっかり落ち 赤い実が映えています
お正月の 干し柿を用意していない事を思い出しました

年末には 早稲田でも お正月飾りの小屋がたちます

20171231  街の様子  2   年末に


お節も 家では 殆ど作らなくなり
お雑煮だけの準備と なったからでしょうか
年末という気が 余りしません

銀杏の葉も散り 街の木々に残った葉は 僅かです
この通りの街路樹は 道路に沿った方だけ 葉が残っている 
何故かしら?

20171231  街の様子  3   年末に


神田川へ回りました
桜も スッカリ葉が落ちています

20171231  神田川  1   年末に


何本かの桜の木を 近くから見ると 
何と 桜の蕾が すこ~し 膨らんでいる木があるのです
もう 来年春の準備 ですね

20171231  神田川  2   年末に


赤い実をつけている木 がありました

20171231  神田川  3   年末に


神田川沿いの道を行くと 柑橘類がなっていました
右下に見える 父と息子の親子? 外国の方かと思いますが
何も無い神田川を 二人で散歩していました

20171231  神田川  5   年末に

20171231  神田川  4   年末に


鳥の声で足を止めると 桜の木に 雀が日向ぼっこ
逃げないでね と思いながら 写せたもの
小さいですが 4羽います

20171231  神田川  7   年末に


右下の雀さん 何か見つけたのかしら?

20171231  神田川  8   年末に


ここは 都営荒川線が 神田川を渡る所が見えます
桜が満開になる時は 小さな橋に 
カメラを構える姿が並ぶ ポイントです

20171231  神田川  9   年末に


待ち構え 来た!! 
と思い シャッターを切ったら 樹の枝に隠れて 
車両の赤い頭だけ
それも ボンヤリとしか 写りませんでした

20171231  神田川  10   年末に


神田川から 少し外れた マンションの横
赤い実を見つけると 嬉しくなります

20171231  街の様子  4   年末に

20171231  街の様子  5   年末に


都会ですが 散歩をしていると 身近にある 
  神田川 の 木々や植物 
  街の中の 小さい公園 
  お寺 や 神社 など
何時も 生きるチカラを 頂いています

今年1年 小さな山 と 谷は ありましたが
無事に 過ごす事ができました

この1年 拙い文と ピントの合わない写真の
ブログを 訪問して下さった皆様に 感謝です
有難うございました

皆さま 良い年を迎えられます様に!!


塀の上の陶器


幾つかある散歩コースに
謎めいた? 焼き物 を飾ってある所があります 

20171015  陶器  1   壁の上


1階は会社の様ですが 
2階への階段の脇の壁の上に 並んでいます

20171015  陶器  2   壁の上


こちらを向いているのは 般若?
このお顔 大きな口と目を 小さくしたら
身の回りにもいるのでは? と
思える顔に 見えてしまいます
でも 夜 薄暗い光の中で 浮かび上がっていたら
怖いです!!

20171015  陶器  3   壁の上


横道とはいえ 道行く人が途絶えた時しか 
カメラを向ける事が出来ず
また 道からだと 手を伸ばしても 横からしか写せません

奥の方は 壺や鉢 そして猫かしら?

20171015  陶器  4   壁の上


手前は 水差し かしら?

20171015  陶器  5   壁の上


何で置いてあるのかしら?
1階の会社の方に お聞きするのも憚られて・・・

もう1軒 陶器の数が 倍ほど置いてある塀が あるのです

20171015  陶器 B  1   壁の上


右側のは 何かしら?
左側は 男性と わかるけれど 
左右の掌の向きも 違うし
目が 白目の上に 黒目をつけてあるので 
生き生きしている様に 見えるのでしょうか

20171015  陶器 B  2   壁の上


これも 何かわかりません

20171015  陶器 B  3   壁の上


右側は 林檎ですが

20171015  陶器 B  4   壁の上


果物は 綺麗に色付けされて
真ん中にあるのは 鉢だと思うけれど

20171015  陶器 B  5   壁の上


寝転んで 本を読む人
身近に モデルがいるのかしら

20171015  陶器 B  6   壁の上


横に回ると まだあります

20171015  陶器 B  7   壁の上


建物はアパートの様で ポストが並んでいる上にも

20171015  陶器 C  4   壁の上

20171015  陶器 B  8   壁の上

20171015  陶器 B  9   壁の上


道路際にある 建物と柵の狭い所にも ありました
万歳をしているのかしら?

20171015  陶器 C  1   壁の上


怖いお顔をしています

20171015  陶器 C  2   壁の上


柵の上にカメラを入れて 写してみました
力強さが 伝わってきます

20171015  陶器 C  3   壁の上


素人から見てですが 今回の 2か所とも
個性溢れていると思います
どんな方が 作られたのでしょうね

外で 雨風に晒されているけれど 
制作する時の思いなどが 詰まったものではないのかと
思います

模様が気に入らない たかが 布巾1枚でも
模様を考え 糸色を選び そしてチクチクした事が 
思い出され 簡単には 捨てる事はできません

作られた時の 制作過程や思いなどの お話しを伺うと
楽しいでしょうね


今年の夏は


この1カ月程の 散歩の様子や 花木などを紹介します

夏と言えば この花 余り見かけなかった

20171008 花  1   夏秋の散歩


毎年 曼珠沙華を見たくて ウロルロするのですが
今年は ご近所に咲いていた この花だけになりました

20171008 花  2   夏秋の散歩


神田川へ
この日は 珍しい事に 鵜が4羽 も集っていました

20171008 神田川  1   夏秋の散歩

20171008 神田川  2   夏秋の散歩


今度は 蝶々の登場です
近づくと 飛んで行ってしまう蝶々ですが
この花が 気に入った様子です
お食事に専念しているのか カメラを向けても驚きません

20171008 花  5   夏秋の散歩

20171008 花  6   夏秋の散歩

20171008 花  7   夏秋の散歩

20171008 花  13   夏秋の散歩


小さな蝶達は 遠慮しているのかしら?

20171008 花  14   夏秋の散歩

20171008 花  15   夏秋の散歩


これは 9月下旬の目白駅前
金木犀の 良い香りがしているのに・・・

20171008 花  8   夏秋の散歩


何時もの散歩コースにある 金木犀の花は 
なかなか開きません
やっと 今日になって 香りが漂ってきました

20171008 花  9   夏秋の散歩

20171008 花  10   夏秋の散歩


その帰り道 十数羽の雀が 一斉に飛び立ち 
この木の中へ 潜りこみました

20171008 花  11   夏秋の散歩


皆 隠れてしまったのかしら?
と 待っていると 数羽だけ姿がみえました
小さな実を 頬張っています
左右にい羽づつ 2羽見えますか?

20171008 花  12   夏秋の散歩


7月下旬から 8月初旬までの暑さ
8月中旬の長雨などが 影響しているのかしら?
この夏 8月・9月は 例年より 散歩が少なかった様です

それでも 先日 鬼子母神を通りました

20171008 鬼子母神  1   夏秋の散歩


何時来ても 参道は気持ちが良い のです

20171008 鬼子母神  2   夏秋の散歩


本堂で ご挨拶し 通り過ぎただけですが

20171008 鬼子母神  3   夏秋の散歩


参道で 御会式のポスターが目につきました

20171008 鬼子母神  4   夏秋の散歩

20171008 鬼子母神  5   夏秋の散歩


御会式まで 10日余り となりました

御会式が終わると 着る物が1枚多くなり 
秋も深まり 師走が直ぐに 来てしまいます

1年の経つのが早い事!!

毎年の事ですが 年末が近づくにつれ 
やり残した事ばかり が 浮かびます


 | ホーム |  » page top