fc2ブログ

プロフィール

笑子(しょうこ)

Author:笑子(しょうこ)
笑子(しょうこ)
笑って毎日を過ごしたいと、気持ちを込めた名前です。
楽しみにと手仕事を始めました。
刺し子、刺繍とも、独学なので分からない事だらけ。
知識がない分、易しいステッチ(運針?)を中心に
デザインを楽しんでいます。


カレンダー(月別)

02 ≪│2024/03│≫ 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


お願い

当ブログ内のすべての [ 画像・内容・デザイン ] を無断で転載される事、無断のリンクは、ご遠慮いただいております。 素人ではありますが、心を込めてデザイン・作品制作の取り組んでおります。 ご理解をお願いいたします。

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

雪だるま


東京は 2月5日に 雪が降りました
出かける予定を延ばし 7日に所用を済ませる事にしました

早稲田大学を通り抜ける時 珍しい色のポストを 見つけました
普通は 赤なのに 何故 この色??
今まで 気がつかなかった!!

20240220 早稲田 1 雪だるま


その近くにあったのが 雪だるま
一般の人も通る場所だけれど ここは大学の正門近くで 
大隈講堂の横です
誰が つくったのかしら?

20240220 早稲田 2 雪だるま


作ったのが 何時か分かりませんが 
雪が降ってから 2日もたっているので
残念ながら 少し解けて 崩れかけています
今 写真を見ると 下に落ちている物が 口や目だったのかも? 
後から 着けて修復?できたかも と 悔やまれました

20240220 早稲田 3 雪だるま


所用の帰り 何時もの同じ道では無く 
行った事のない所を 歩いてみたくなり
明治通りを 少し入った所にある
諏訪神社の裏手に 行ってみました

裏道を行くと 諏訪の森公園 と 出ています
公園なら 雪だるまが あるかもしれません

20240220 諏訪の森 1 雪だるま


辿り着くと
奥に見えるのが 諏訪神社です

20240220 諏訪の森 2 雪だるま

20240220 諏訪の森 3 雪だるま


雪が降って 2日目ですものね
完成した雪だるまさんも 疲れている様です

20240220 諏訪の森 4 雪だるま

20240220 諏訪の森 5 雪だるま


諏訪の森公園を出て下ると 諏訪公園 と標識がありました
ここにも 雪だるまが あるかもしれないと
淡い期待を持って 坂を上ります

20240220 諏訪公園 1 雪だるま


人もいない 小さな公園でしたが
真ん中に写っている 建物は 謎です
木々が 周りを囲んで ベンチもあります

20240220 諏訪公園 2 雪だるま

20240220 諏訪公園 3 雪だるま


奥には 滑り台

20240220 諏訪公園 4 雪だるま


戻る時に ベンチと反対側を見ると
上がってきた時に見えた 何か分からないものは
雨水貯留・浸透施設だったのです

20240220 諏訪公園 5 雪だるま


案内板の隣に 石の碑がありました

20240220 諏訪公園 6 雪だるま


詩人の高田敏子さんの 詩碑でした

20240220 諏訪公園 7 雪だるま


後から調べたら この近くに住んでいらしたそうです

雪だるまには 会えなかったけれど
懐かしい名前に 出会えました

知らない細道を ウロウロする楽しみは 
まだ 止められそうにありません

スポンサーサイト



永青文庫から細川庭園へ 花菖蒲


前回の 和敬塾から 永瀬文庫へと 廻りました

門から入ると 正面に見える白い洋館・永青文庫が 建っています

20230921 0912 永青文庫 1 細川庭園花菖蒲


この永瀬文庫は 細川家伝来の収蔵品が 展示されています

20230921 永青文庫 1 細川庭園花菖蒲


その左手に 肥後細川庭園へ 抜ける道があります

20230921 永青文庫 2 細川庭園花菖蒲


写真奥の石の輪を 通り抜けると 小さな祠が右手にあります

20230921 永青文庫 3 細川庭園花菖蒲


ここを通る度に
    この石の輪のカタチに 意味があるのかしら?
    祠に何が祀られているのかしら?
と 思っているのですが そのまま・・・未だわかりません

そこから 後ろを振り返ると 洋館が見えます

20230921 永青文庫 4 細川庭園花菖蒲


先に進むと 肥後細川庭園の 案内が立てられていました

20230921 永青文庫 5 細川庭園花菖蒲


斜面の両脇には木が茂り その間の細い道を下って行くと

20230921 永青文庫 6 細川庭園花菖蒲


途中には ベンチも置いてあって 
静けさの中 緑に囲まれ 一休みもできます

20230921 永青文庫 7 細川庭園花菖蒲


左手に下っていくと 南門が見えてきました

20230921 永青文庫 8 細川庭園花菖蒲


南門の手前 左に小池 右に中池が 見えています

20230921 永青文庫 9 細川庭園花菖蒲


南門の横から 庭園の奥を写すと 花菖蒲が咲いていました

20230921 花菖蒲 1 細川庭園花菖蒲


中池の脇に 綺麗な紫色が 咲いています

20230921 花菖蒲 2 細川庭園花菖蒲

20230921 花菖蒲 3 細川庭園花菖蒲


池の途中から 正門の方をみます

20230921 花菖蒲 4 細川庭園花菖蒲


紫陽花との共演も 綺麗です

20230921 花菖蒲 5 細川庭園花菖蒲

20230921 花菖蒲 6 細川庭園花菖蒲


大きな池・大池にある 石灯籠の横 池の縁に咲いています

20230921 花菖蒲 7 細川庭園花菖蒲

20230921 花菖蒲 8 細川庭園花菖蒲


池の周りには 何種類かが 綺麗に咲いています
池の周りや 藤棚と石灯籠のある手前にも
何種類か 綺麗に咲いています

20230921 花菖蒲 9 細川庭園花菖蒲

20230921 花菖蒲 10 細川庭園花菖蒲


帰りに 正門の脇にある 松聲閣・しょうせいかく へ寄ってみた所
花菖蒲の咲いている地図が 置いてありました
先に 見ていれば 良かったけれど
戻って 花をみる時間はありません

庭園の何処に咲いているか の 地図

20230921 花菖蒲 12 細川庭園花菖蒲


文字は小さくて読めないかと思いますが
花菖蒲は 四十数種も ありました

20230921 花菖蒲 13 細川庭園花菖蒲


下の写真右上に 肥後花菖蒲とあります
花菖蒲に 肥後とついているのは?? 

20230921 花菖蒲 11 細川庭園花菖蒲


と ネットで調べてみました

熊本県のHPから 抜粋省略
  ・熊本藩のお殿様、六代藩主・細川重賢公が、家臣(武士たち)の
   精神修養に園芸を奨励したことに始まったといわれ、
   その頃は、肥後の花と呼ばれるものが、30種ほどあったらしい。
  ・昭和35年に昭和天皇の天覧を機に、肥後名花会が発足し、
   四季を通して見ることができる六花を決めて、
   「肥後六花」と呼ぶようになった。

花菖蒲は 肥後六花の一つで
「端正な一重咲きで優美な花芯、清らかな色」が 特徴だそうです

三つの池を巡ると 幾つもの種類の花菖蒲をみる事ができる様です
咲く時期が ズレているかと思うので
来年は 少し日をずらしながら 何度か訪ねて
花を見比べる事ができたら と・・・鬼が笑います

和敬塾から続く敷地は 肥後・細川家の下屋敷でしたが
それにしても 広いですね

今は 肥後細川庭園は 文京区が管理しています
無料で開放しているので 気軽に立ち寄る事ができます

散歩コースの一つとして
四季を感じる事のできる 大切な場所です


和敬塾 森のマルシェ


6月の上旬 
森の広場マルシェ が開かれると 新聞の折り込みがあり
文京区関口にある 和敬塾・わけいじゅく へ 行きました

20230912 和敬塾 1 森のマルシェ


和敬塾とは : ウイキペディアから抜粋
   公益財団法人和敬塾(わけいじゅく)は、
   文京区目白台にある男子の大学生・大学院生のための学生寮。
   株式会社前川製作所の創業者でもある前川喜作により、
   「共同生活を通じて社会人としての『知性』と『徳性』を
   備えた人材の育成」を趣旨とし、1955年(昭和30年)に設立。

肥後細川庭園の横にある 細い階段・坂を上がります
左は 目白台運動公園 
右が 和敬塾 に なります

20230912 和敬塾 2 森のマルシェ


目白通り沿いにある和敬塾の正門には チラシを持った人がいて
写真を撮る事が出来ませんでした

昔は 目白通りから 横道へ抜け道としたりと
もう少し 気軽に入る事が出来ました

久し振りに 中へ入ると 緑が目に飛び込んできます

20230912 和敬塾 3 森のマルシェ


奥へ行くと 創業者・前川喜作の銅像

20230912 和敬塾 4 森のマルシェ


その後ろに 洋館があります

20230912 和敬塾 5 森のマルシェ


この洋館は 和敬塾本館で 旧細川侯爵邸です

20230912 和敬塾 7 森のマルシェ


この洋館には むかし昔 何度か お芝居を観に来ました

村松英子さんと聞いて 若い方はご存知が無いかもしれませんが
村松英子さんが 主催?した「サロン劇場」の公演がありました
洋館のサロンで 舞台とは違い 間近で見る事ができました 
不確かな記憶ですが ある時は 白石佳代子さんも出演されていた?
そして 演出家の観世栄夫さんも いらした様な???

舞台とは違い 息遣いまで 感じた事を思い出します

20230912 和敬塾 6 森のマルシェ


先を進むと緑の中に 見えてきました

20230912 和敬塾 8 森のマルシェ

20230912 和敬塾 9 森のマルシェ


緑に囲まれた広場に 小さなお店・ブースが 開いていました
フリーマーケット や 飲み物などの お店を見て回りました
ミニコンサートの時間では なかったのが 残念でした

20230912 和敬塾 10 森のマルシェ


段々と日差しが強くなり ブースごと木陰に避難している人もいました

20230912 和敬塾 11 森のマルシェ


二回りして 東門から 帰りました

ここから 神田川に向かうと 
右手に 永青文庫・肥後細川庭園 があります

20230912 和敬塾 12 森のマルシェ

20230912 和敬塾 13 森のマルシェ


次回は 肥後細川庭園の花菖蒲 を紹介します


今年も牡丹を 2023


薬王院へ 着いた処から 続きを始めます

初めに 薬王院について
       東京寺社案内HPから :省略削除してあります
  薬王院は、瑠璃山医王寺と号します。
  相模国大山寺を中興した願行上人が鎌倉時代に創建と伝えられ、
  延宝年間(1673-81年)実寿上人が中興したといいます。
  長谷寺から移植されたボタンが有名で、
  現在40種類、1,000株あり、ボタン寺、牡丹寺とも呼ばれています。
  御府内八十八ヶ所霊場36番札所、豊島八十八ヶ所霊場36番札所、
  東国花の寺百ヶ寺です。

綺麗な牡丹が 門の前に咲いています

20230630 薬王院 2 牡丹2023


門の中にも 簾の下に牡丹が 広がっています

20230630 薬王院 3 牡丹2023


門から入って 正面に 本殿が見えます

20230630 薬王院 4 牡丹2023

20230630 薬王院 5 牡丹2023


手前の小さな池には 桜の花弁が散っています
確か メダカがいたと思うけれど この日は見つかりませんでした

20230630 薬王院 7 牡丹2023


この池の前から 門の方を振り返って見ると
片側に多く 牡丹の小屋?が あります 

20230630 薬王院 6 牡丹2023


本殿の前に 牡丹畑?が広がっています

20230630 薬王院 8 牡丹2023


横の階段の途中にある 横道に入り 小さな広場から見ると 
上に階段 その向こうに本堂が見えます

20230630 薬王院 9 牡丹2023


毎回紹介している 石仏です

20230630 薬王院 10 牡丹2023


階段横の 牡丹畑?

20230630 薬王院 11 牡丹2023


階段の先には お地蔵さん

20230630 薬王院 12 牡丹2023

20230630 薬王院 14 牡丹2023


途中で 下をみると 左が牡丹畑 
右に広場 その奥に門が見えます

20230630 薬王院 15 牡丹2023


お地蔵さんを左にみて 階段を上ります

20230630 薬王院 17 牡丹2023


石佛さん達が 並んでいます

20230630 薬王院 18 牡丹2023

20230630 薬王院 20 牡丹2023


階段の突き当りにある 石佛さんの塔

20230630 薬王院 21 牡丹2023


奥の墓地へ行くと 藤棚
今年は 綺麗な花を見る事ができました

20230630 薬王院 22 牡丹2023


今年の牡丹は 少し寂しく見えました
牡丹の花も葉も少なく 根元の土が見えていました
枝を剪定する必要が あったのかもしれません
牡丹の畑?を お世話している所も 見た事があります
牡丹の維持管理も大変です

20230630 薬王院 16 牡丹2023


毎年 綺麗な牡丹をみせて頂いていますが
拝観料などはなく 申し訳なく思っています

来年も 牡丹の花を見る事が出来ます様に・・・


今年も牡丹を その途中の景色 2023


今年も 4月中旬 新宿区落合の牡丹を 見に行きました

毎年 同じ様な写真 文章に なりますが
お付き合い頂けると 嬉しいです

何時もと同じ道を通ります

この道は 普段の散歩コースから 外れているので
年に一回だと 変化を感じる事ができます

昨年は建設中だったマンションが完成して 既に入居していました

20230625 途中 1 牡丹2023


新宿区立おとめ山公園にも チョコッと入ります
こちら側は正門とは違い 小さな入り口です

黄・赤の花の色が 新緑に映え綺麗です

20230625 途中 2 牡丹2023

20230625 途中 3 牡丹2023


いました
何時も待っていてくれている? 男の子です
今年は 下からも見上げて 

20230625 途中 4 牡丹2023


その先に 垂れ下がって咲いている 
アイラトビカズラ

20230625 途中 5 牡丹2023

20230625 途中 6 牡丹2023


濃い紫色の花が かたまって咲いている様子は 
花のカタチも 珍しく思えます
今年は 満開 花が多く咲いている様です

20230625 途中 7 牡丹2023


その先に メダカ?が いたはず

20230625 途中 15 牡丹2023


メダカではなく 他のお魚がいる様です
可愛らしい絵ですね

20230625 途中 16 牡丹2023


桜の花弁が 水面に浮かんでいますが
メダカ?は 見つけられませんでした

20230625 途中 17 牡丹2023


右手に 相馬坂・そうまざか

坂の案内には
    この坂に隣接する「おとめ山公園」は、江戸時代には
    将軍家御鷹場として一般人の立入りを禁止した
    御禁止山(おとめやま)であった。
    この一帯を明治時代末に相馬家が買い取って屋敷を建てた。
    この坂は新井薬師道から相馬邸に向け新たに通された
    坂道であるため、こう呼ばれた。

ここにも 江戸時代の名前・名残が残っています

20230625 途中 8 牡丹2023


途中休憩する 氷川神社に 着きました

20230625 途中 9 牡丹2023

20230625 途中 10 牡丹2023


本殿の手前に 狛犬さん

20230625 途中 18 牡丹2023

20230625 途中 11 牡丹2023

20230625 途中 12 牡丹2023


南側の 新目白通りの方をみると
丁度 鳥居の奥に 西武新宿線の電車が 通っている所でした

20230625 途中 19 牡丹2023


先を行きます
右側 角に お二人のお地蔵さん

20230625 途中 13 牡丹2023


左下に もうお一人 いらっしゃいました

20230625 途中 14 牡丹2023


薬王院へ 着きました

20230630 薬王院 1 牡丹2023


綺麗な牡丹が 門の前に咲いています

20230630 薬王院 2 牡丹2023


何時もある所にある 変わらない風景を
毎年 探し見つける事ができる 安心と幸せを 感じる一時です

牡丹園の様子は 続きます


 | ホーム |  » page top