fc2ブログ

プロフィール

笑子(しょうこ)

Author:笑子(しょうこ)
笑子(しょうこ)
笑って毎日を過ごしたいと、気持ちを込めた名前です。
楽しみにと手仕事を始めました。
刺し子、刺繍とも、独学なので分からない事だらけ。
知識がない分、易しいステッチ(運針?)を中心に
デザインを楽しんでいます。


カレンダー(月別)

10 ≪│2021/11│≫ 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


お願い

当ブログ内のすべての [ 画像・内容・デザイン ] を無断で転載される事、無断のリンクは、ご遠慮いただいております。 素人ではありますが、心を込めてデザイン・作品制作の取り組んでおります。 ご理解をお願いいたします。

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

菊花壇展


菊花展が開かれている と 誘って頂き
新宿御苑へ 行ってきました

庭園は 日本庭園 風景式庭園 整形式庭園と3カ所ありますが
菊花展は 日本庭園を中心に 開催されていました

20211121 菊花展 4  新宿御苑  


正面に 大きな菊が 見えてきました

20211121 菊花展 10  新宿御苑  


この菊 「兼六雪峯」は 1本の木から 花数196輪が
咲いているのです
ついつい 確かめてみたくなりました

20211121 菊花展 11  新宿御苑  


この右手にある道が 順路になります
道の入り口の両脇に 3種類の菊の花で 門が出来ています
何故か ここでも 何本植えてあるのか 確かめたくなって
覗いてしまいました

20211121 菊花展 12  新宿御苑  

20211121 菊花展 13  新宿御苑  


先へ進むと 何処にいるのかと・・・
この塔ビルを見れば 新宿だ と気が付きます

20211121 菊花展 14  新宿御苑  


初めは「大菊花壇」から
菊の前には 菊の名前の札が 下がっています

20211121 菊色々 1  新宿御苑  

20211121 菊色々 2  新宿御苑  


「肥後菊花壇」

20211121 菊色々 3  新宿御苑  

20211121 菊色々 4  新宿御苑  


「一文字菊、管物菊花壇」

20211121 菊色々 5  新宿御苑  

20211121 菊色々 6  新宿御苑  

20211121 菊色々 7  新宿御苑  


「懸崖作り花壇」

20211121 菊色々 8  新宿御苑  

20211121 菊色々 9  新宿御苑  


花壇の説明の一番下に「作り始め」として
昭和 大正 明治 などと 書かれていますが
「作り始め」とは どんな事なのかしら?

夫々の菊の案内には 説明が英語でも書かれているのを見ると
   First created in 1915 で  created は 創造する 作り出す
と なるのでしょうか    
これからみると 今回の菊の花は 明治以降となります

そして 英語で 花壇は bed と なるのですね

20211121 菊花展 15  新宿御苑  


次は 「伊勢菊、丁子菊、嵯峨菊花壇」

20211121 菊色々 10  新宿御苑  

20211121 菊色々 11  新宿御苑  

20211121 菊色々 12  新宿御苑  

20211121 菊色々 13  新宿御苑  

20211121 菊色々 14  新宿御苑  


「大作り花壇」

20211121 菊色々 15  新宿御苑  

20211121 菊色々 16  新宿御苑  


3ツの鉢 それぞれに 名前が付けられています
真ん中にある鉢の下を また懲りずに 覗きました

20211121 菊色々 17  新宿御苑  


<江戸菊花壇>

20211121 菊色々 18  新宿御苑  

20211121 菊色々 19  新宿御苑  

20211121 菊色々 21  新宿御苑  


土を見ると 丸い穴が掘ってあるので
何本の木なのかしら? と またまた覗き込みました

20211121 菊色々 20  新宿御苑  


初めに 菊展 と聞いた時に 
菊人形も飾ってある と思っていましたが
違ったものだと わかりました
新宿御苑では 菊花壇 と なっていたのです

菊と言っても 色々な種類が 多くの地域で栽培され 
生まれているのだと知りました

ただ 菊を紹介しただけなのに 長くなりました

新宿御苑について 次回へと 続きます


スポンサーサイト



椎名町へ ③ 金剛院


長崎神社を出て 長崎不動尊を 左に曲がると 
椎名町北口の すぐ前に 
金剛院・こんごういん の 赤い鳥居が見えます

20211113 金剛院 1 椎名町


門を潜り 参道を中へ入ると 正面に 本堂が見えます

20211113 金剛院 2 椎名町


この金剛院は
   御府内八十八ヶ所霊場 第76番札所 
   豊島八十八ヶ所霊場 第76番  
だそうです
豊島の札所巡りは 魅力だけれど 
チョット数があり 難しそう・・・

20211113 金剛院 3 椎名町


金剛院の案内を見ると 歴史があります
弘法大師の真言宗豊山派に所属し 開かれたのは1522年

20211113 金剛院 23 椎名町

20211113 金剛院 24 椎名町


参道の右手には 幾つかの 石灯籠や石仏などが 並んでいます

20211113 金剛院 4 椎名町

20211113 金剛院 5 椎名町


本堂の手前には しだれ桜
春には 綺麗な桜を見ることが出来るのでしょうね

20211113 金剛院 6 椎名町


本堂の横にある 木石・ぼくせき 
約一千年前のケヤキが 化石化した物だそうです 

20211113 金剛院 7 椎名町


本堂の前左手には 
お顔が可愛らしい ひとこと願い地蔵

20211113 金剛院 8 椎名町


その先には 霊園への入り口があります
その横 参道からみて 左側には 歴代和尚墓碑など 石碑が並びます
右側5段の仏像の碑については
ネットで探して 見つける事ができませんでした

20211113 金剛院 11 椎名町


左にあるのは 「新しくなったね」 と
参詣者の声が聞こえてきた 馬頭観音碑
動物の供養塔として お参りする方がいるそうです

20211113 金剛院 12 椎名町


参道の左側を鳥居の方へ戻ると 弘法大師修行像
就業中の時代だから 若いお姿なのですね

20211113 金剛院 13 椎名町


周りに 4本の柱が 立っていますが
四国八十八か所の霊場を 表しているそうです
その下には お砂踏み参拝所として それぞれの霊場の砂が納められ
八十八か所のお参りと 同じご利益があるのです

20211113 金剛院 15 椎名町

20211113 金剛院 14 椎名町


弘法大師像の左手にも 幾つもの石碑が ありました

20211113 金剛院 16 椎名町

20211113 金剛院 17 椎名町


そして こちら右手には 新しいお地蔵さん 
2015年・平成27年3月に 建立された マンガ地蔵

20211113 金剛院 18 椎名町


右奥の お地蔵さんの お顔が優しい

20211113 金剛院 19 椎名町


後で寄ろうと思っていた 境内にある レストラン 
混みあっていたので 断念しました
次回の楽しみ にしたいと思います

椎名町駅に戻り 横道を行くと すずらん通り
懐かしい 昭和の商店街が ありそうです

20211113 金剛院 21 椎名町


先を行くと 椎名町サンロードが 続いていました

20211113 金剛院 22 椎名町


椎名町駅に アトリエ村周辺紹介図が ありました

20211113 金剛院 20 椎名町


よく見ると 行きたい所がある事が まだまだ ありました
    熊谷守一美術館 
    アトリエ村跡:つつじが丘・すずめが丘
    開設予定の芸術文化資料館 など
など 幾つもあります

椎名町はへは 初めて来ましたが
様々な顔を持っている 街 でした

また 訪ねる事を 楽しみにしたいと思います



椎名町へ ② 長崎神社


西武池袋線・椎名駅・北口に 着きました

道を隔てた駅のお向かいに 長崎不動尊 が あります

20211107 長崎神社 1  椎名町


中にある 案内板を見ると
   宗教法人 金剛院 長崎不動講 として
   昭和21年に地域の守護仏として、
   その加護を頂けるよう当地へお祀りされました。
   平成8年に 堂宇の老朽化に伴い再建建立を発願して、
   併せて慈悲深い観音菩薩像を造立しました。
とあるので 金剛院の 小さな祠・ほこら なのでしょう

右側には 金剛院の入り口がみえますが
先に 長崎神社を 訪ねたいのです

何故 長崎神社に興味を 持ったかというと 
トキワ荘で貰ったMANGA LAND MAP や
豊島区の観光マップなどに 紹介されていたからです

下の写真は 長崎獅子舞
       HPから 要約抜粋しました
   日本でここにしかない袴姿の獅子舞です。
   三頭の獅子が、腹につけた太鼓を打ち鳴らしながら舞います。
   「長崎獅子舞」は、元禄年間(1688年~1703年)から
   伝承される豊島区の伝統芸能です。
   1992年には区の無形文化財に指定されました。
   現在も「病気平癒」や「五穀豊穣」を願い、
   毎年5月の第2日曜日に行われています。
お祭りでしか見る事は出来なくても
神社の雰囲気を 味わってみたかったのです

20211107 長崎神社 0  椎名町


長崎不動尊の左を行くと 石の鳥居が ありました

20211107 長崎神社 2  椎名町


長崎神社の歴史について 案内板がありました
小さな字で読みずらいかと 思いますが

20211107 長崎神社 3  椎名町

20211107 長崎神社 4  椎名町


最初の鳥居から 次の鳥居までの間に 狛犬さんが 控えています
古い物なのでしょうか 
もう お顔もハッキリとしていません

20211107 長崎神社 5  椎名町

20211107 長崎神社 6  椎名町


その奥の右手の方 木々の中にも 鳥居があります
こちらの狛犬さんは 迫力があるのです

20211107 長崎神社 9  椎名町

20211107 長崎神社 8  椎名町


二番目の鳥居を潜り 初めの鳥居の方を 振り返ります

20211107 長崎神社 10  椎名町


その横に 本殿があります
ここにも 狛犬さん達が 控えていました

20211107 長崎神社 11  椎名町

20211107 長崎神社 12  椎名町

20211107 長崎神社 13  椎名町


他にも 沢山の神様が 祀られていおます
横には 長崎招魂社

20211107 長崎神社 14  椎名町


小柳稲荷神社 

20211107 長崎神社 15  椎名町


ここでも 振り返ってみると 奥には 石の鳥居がみえて
決して広くはないのですが 緑に囲まれています

20211107 長崎神社 17  椎名町


真ん中にある広場?には どっしりとした大きな木があります

20211107 長崎神社 18  椎名町

20211107 長崎神社 19  椎名町

20211107 長崎神社 20  椎名町


大きな木の横 入口の鳥居から見て 左側に
神楽殿が ありました

20211107 長崎神社 27  椎名町


入口の案内板に書かれていた
1773年・享保18年に 奉納された 手水鉢
十羅刹女・じゅうらせつにょ が 井戸の横にありました

20211107 長崎神社 21  椎名町


そこから 最初に見た 石の鳥居を見ると
鳥居と木々の緑 そして光と影が 絵の様に見えます

20211107 長崎神社 22  椎名町


そして 荒々しい岩に立つ 狛犬さんの姿が 
何故か 気になります
近くでみると 猛々しいお顔をしています

20211107 長崎神社 7  椎名町

20211107 長崎神社 25  椎名町

20211107 長崎神社 26  椎名町


昭和3年12月奉献と ありました

20211107 長崎神社 23  椎名町


長崎神社の創建年代は 不明となっています
社殿なども そう古い建物ではない様ですが
木々の間から刺す 光の木漏れ日を見ていると
都心とは思えず 遠く離れた場所にいると 錯覚してしまいます

長くなりましたが 次は お隣?にある 
金剛院へと 向かいました


椎名町へ ① 天祖神社


地図上では 目白通りから 山手通りを 北へ向かうと 
西武池袋線・椎名町駅へ 行く事ができます

椎名町駅も椎名町へも 行った事が無く 
こちら方面の山手通りも 初めてなのですが
意を決して 歩いてみました  ・・・大袈裟ですが 

目白駅を背にして 目白通り と 山手通りの交差点を 右折します
右手に 石の鳥居が 見えて来ました

20211031 天祖神社 1  天祖神社

20211031 天祖神社 2  天祖神社


鳥居を潜り 中から 鳥居の裏?を見ます

20211031 天祖神社 3  天祖神社


鳥居のすぐ下に 狛犬さんが 控えています
台座は新しそうですが 狛犬さんは 年月が経っている様にみえます

20211031 天祖神社 4  天祖神社

20211031 天祖神社 5  天祖神社


この神社の創建は 1810年・文政11年 とされている様です
本殿と その横には 小さな御社も ありました

20211031 天祖神社 6  天祖神社


通りに出て 振り返ってみます
右側の道 奥から 歩いてきました

三角地帯の様に 緑に囲まれた神社でした
小さな御社ですが ご近所の方々でしょうか
写真を撮った短い時間でも お参りに来る方を 何人も見かけました
地域の方々に親しまれ 心の中に宿っている神社 なのでしょうね


20211031 天祖神社 7  天祖神社


椎名町駅を目指し 歩きだすと 道が二手に 分かれていました
迷ったけれど 帰りに 違った道で戻れば 良いのでは 
と 左の道を 選びました

20211031 椎名橋 1  天祖神社


この橋は 椎名橋・しいなばし 

20211031 椎名橋 2  天祖神社


下を見ると 西武池袋線が 走っています
後には 池袋でしょうか 高速ビルが見えます

20211031 椎名橋 3  天祖神社


首都高速が 脇を走っていますが 
その向こうに お寺の屋根では と思えるものが・・・

20211031 椎名橋 4  天祖神社


道を下り 横道がわからず お寺を目指しますが 通り過ぎ 
広い道の交差点まで 来てしまいました
方向音痴だという事を思い出し 少し不安になります

20211031 椎名橋 5  天祖神社


頼りにならない 勘 で 山手通りを渡りました
お寺の屋根は見えるけれど 塀の向こうで 
入口が 何処にあるかわかりません

20211031 椎名橋 6  天祖神社


塀を辿り 横道を行くと 椎名町駅が ありました
方向音痴でも 漸く 到着しました

20211031 椎名橋 7  天祖神社


知らない場所を尋ねるのは 面白いけれど 少し不安があります 
     ・・・方向音痴なので 都心の近場でも 同じことです

次は 今回お目当ての 長崎神社へ 行きます

長くなるので 次回へ 続きます


刺し子刺しゅう 白い井桁模様に 2枚目


前回と同じ生地で コースターの2枚目に
刺し子刺しゅう しました

紺地に 白い井桁を織り込み 裏は 糸が渡してあります

20211024 0927 途中 2 井桁絣

20211024 0927 途中 3 井桁絣


臙脂色も 同じ生地です

20211024 0927 途中 1 井桁絣


刺している途中の物は 撮り忘れたので
出来上がった物だけ の紹介です

紺地の1枚目は 縦横に 井桁の中を 刺しました

20211024 出来上がり 1 井桁絣


今回は 斜めに 白い井桁の真ん中を通る様に 濃い桃色・藤色を刺し
一つ置きに 小さな花を咲かせました

20211024 出来上がり 3 井桁絣


臙脂色の方は 1枚目の菱形を 今度は四角の模様 にしました

20211024 出来上がり 2 井桁絣


前と同じように 紺色で刺した同じ色の桃色 と 黒糸です
刺し子の黒色は強いので 普通の縫い糸・太目を使いました
糸が重なった所に 咲かせた花は 少し大きめ にしました

20211024 出来上がり 4 井桁絣


布 : 絣模様・綿  

糸 : 刺し子用糸
        桃色
    縫い糸
        黒色
出来上がり寸法
      縦 : 約17、5cm
      横 : 約17、5cm

模様 : ただ チクチクしただけ


器を置いて

20211024 器 1 井桁絣

20211024 器 2 井桁絣

20211024 器 3 井桁絣

20211024 器 4 井桁絣


出来上がりの2枚を並べて

20211024 出来上がり 5 井桁絣

20211024 出来上がり 6 井桁絣


2枚に 器を置いて

20211024 器 7 井桁絣

20211024 器 6 井桁絣


1枚目の時にかきましたが 
通常のコースターより サイズが 大きめなのです

器の邪魔にならないような模様 にしたので
コースターでは無くても 
何かを置く敷物の様に 使えれば と思います


 | ホーム |  » page top